クリエイター職種図鑑1.イラストレーター

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

イラストレーター案件を提案してもらう

目次

1. イラストレーターの主な仕事内容
2. イラストレーターの求人・案件について
3. イラストレーターの年収
4. イラストレーターに必要なスキル
5. イラストレーターの資格
6. イラストレーターになるには
7. イラストレーターに向いている人
8. イラストレーターの需要・将来性
9. イラストレーターのキャリアパス
10. フリーランスのイラストレーターとして働くには

1. イラストレーターの主な仕事内容

求められるのはクライアントの要望に沿ったイラスト

イラストレーターの仕事は、アートディレクターや編集者などの注文に沿ってイラストを描く事です。アニメやゲームなどのほか、雑誌やポスターなどの挿絵・メインビジュアルを描いたりするのも、イラストレーターの仕事内容のひとつと言えます。
同じイラストを描く職種には漫画家や画家などがありますが、これらの職種は、自身の創造性の赴くままにイラストを制作するのが特徴です。一方イラストレーターは、発注者の注文に沿って、Illustratorなどのツールを使ってイラストを制作するという特徴があります。注文を受けてから制作するという観点から、クライアントの要望をしっかりと汲み取り、デザインに反映させるという能力が求められるのがイラストレーターという職業です。

イラストレーター案件を提案してもらう

 

2. イラストレーターの求人・案件について

イラストレーターの求人・案件は、他の求人・案件と比較すると多めに存在します。ソーシャルゲーム系の求人・案件が多く、今後もイラストレーターの需要は続くと見込まれています。それぞれのイラストレーターのスキルによって単価に差があることが特徴で、イラストレーターとしてスキルが高い方であれば、50万円台の単価の求人・案件を狙うこともできるでしょう。イラストレーターとして高単価な仕事内容を得るには、ユーザーのニーズに沿った絵を描くことが求められます。自身が描きたい絵とギャップが生まれることは往々にして存在するので、参画する際は、仕事としてクオリティを高めていく心構えを持つことも大切です。

イラストレーターの求人・案件一覧を見る

3. イラストレーターの年収

以下の金額は、サイト内の単価診断ツールにて「ブランクなし」での経験年数別の単価目安から算出した、フリーランスのイラストレーターの年収目安です。そのため、会社員の給料、年収とは単純比較できない点にご留意ください。

実務経験に基づく年収の目安(週5日作業の場合)
・イラストレーター(実務経験1年未満 )の年収:276万円(23万円/月) 
・イラストレーター(実務経験1年~2年)の年収:312万円(26万円/月) 
・イラストレーター(実務経験2年~3年)の年収:372万円(31万円/月) 
・イラストレーター(実務経験3年~5年)の年収:420万円(35万円/月) 
・イラストレーター(実務経験5年以上 )の年収:540万円(45万円/月) 
※上記の金額は目安であり、実際のお支払い額はご自身の経験/スキルなどにより変動します

4. イラストレーターに必要なスキル

イラストレーターになるために一番大事なのは、絵を描くのが好き、ということでしょう。客先の要望をイラストに反映することが仕事であるため、膨大な量のイラストを描く必要があり、そのモチベーションを保つには、絵が好きであることが不可欠です。また、ただ絵を描くことが好きなだけでなく、作品のテイストを合わせることができることも求められます。さらに、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックツールスキルも持っていたいところです。紙に絵を描くようなタッチで絵を描きたい方は、SAIなどのペイントツールを使用しますが、その際でも画像編集時にはIllustratorなどのグラフィックツールが必要となります。

関連記事 : イラストレーターに必要なスキル

5. イラストレーターの資格

イラストレーターには専門の認定資格は存在しませんが、美術大学などのデザイン学科の中にイラストレーションのコースが設けられている場合があります。また、イラストレーターを養成するための専門学校も数多く存在し、より実践的なイラストレーションのスキルを身につけることが可能です。
資格が存在しないため、多くのイラストレーターは個展の開催やコンテストへの出品などで、自分の作品の認知度を上げるための宣伝活動を行っています。近年は案件紹介エージェントを利用する方も多く、自身が得意とする仕事内容やテイストに合ったクライアントを紹介してもらう、というイラストレーターも増えています。

関連記事 : イラストレーターに必要な資格

6. イラストレーターになるには

イラストレーターになるには資格は必須ではありませんが、美術系の大学や専門学校で基礎的な技術を身につける方法もあります。スキルとしては、Illustrator、Photoshopなどを使いこなせる事が理想的です。イラストレーターには宣伝活動も重要です。コンテストへの出展、ポートフォリオ作成、web上での作品公開など、世の中へ向けて自分の作品を積極的に宣伝していきましょう。
実務面ではクライアントが求める世界観を忠実に表現する技術が問われます。また、クライアントからの依頼やスケジュール変更、修正対応をスムーズにできる人が信頼される傾向があります。人脈が大切な職種なので、人付き合いや協調性など、ヒューマンスキルも高めておきましょう。

関連記事 : イラストレーターになるには

7. イラストレーターに向いている人

イラストレーターに向いている人は、「何よりもイラストを描くのが好きで、仕事にしたい」と思える人です。
イラストレーターの仕事は基本的に1人で行うものであり、納期に追われながらの作業になるので、イラストのイメージやアイデアがなかなか浮かばないときはプレッシャーを感じることもあります。ですが、そのような状況でも一日中絵を描くことを楽しめる人にとっては、天職とも言える仕事です。

イラストレーターの仕事はクライアントあってのものです。単に自分の好きなように描くのではなく、クライアントの依頼に合わせた絵を描くことが重要になります。クライアントの要望に応えるような作品を作ることに達成感を感じる人は、イラストレーターに向いているといえるでしょう。
その上でより多くのクライアントの目に留まるイラストレーターを目指すには、イラストを見た人に強く印象付けられる独特なセンスや個性を培うことが必要になります。クライアントのニーズに対して自分の個性をどう表現していくかを常に試行錯誤し、探求心を持てるかどうかが、イラストレーターとしての適性を見極めるひとつの鍵となるでしょう。

8. イラストレーターの需要・将来性

ソーシャルゲームの求人・案件の増加にともない、イラストレーターの需要は高まっています。一方で、趣味を活かしてイラストレーターを目指す方も増えているため、業務の依頼を受けるための努力が欠かせません。

イラストレーターとしては、イラストの実力が第一。簡易なイラストであればフリー素材でもこと足りてしまいますし、AIによるイラストの質も年々向上しつつある中で、その人が描くイラストだからこその価値をどのように示すかが、イラストレーターの将来性を考える上で今後ますます大切になっていきます。

また自分の個性だけなく、クライアントのニーズに応えられるかも、イラストレーターとしての需要を左右します。例えば、トレンドを押さえたイラストを描けるか、作品のテイストに合わせたイラストを描けるか、などのように、対応できる幅の広さも欠かせません。

ソーシャルゲームのイラストレーターのほか、工業製品のマニュアルを作成するテクニカルイラストレーターの需要も増加傾向に。テクニカルイラストレーターは、「CAD(キャド)」という設計図を描くためのソフトウェアのスキルが必要です。

関連記事 : イラストレーターの将来性

9. イラストレーターのキャリアパス

イラストレーターとして経験を積んだ後は、グラフィックデザイナーやアートディレクターにキャリアアップする、フリーランスとして働くといったキャリアパスがあります。

グラフィックデザイナーは、ポスターや書籍の表紙、広告などのデザインを行う職種です。企業によって職種の定義は異なりますが、イラストレーターはデザインを中心に行うのに対し、グラフィックデザイナーは企画にも携わるのが違いの例として挙げられます。

アートディレクターは、デザインの制作現場で進行管理を担う立場です。意見を論理的に伝える力のほか、スケジュール管理能力や統率力といったマネジメントスキルが求められます。

そのほか、フリーランスのイラストレーターとして活動するのも一つの選択肢ですが、業務を行うには基本的に自ら営業しなければなりません。営業の際はクライアントに実績を示す必要があるため、ポートフォリオ(自分が携わったイラストをまとめた作品集)を作成しておきましょう。安定的に案件を受注できるよう、事前に人脈を広げておくことも大切です。

10. フリーランスのイラストレーターとして働くには

フリーランス(個人事業主)のイラストレーターの案件には、実務経験を必須としないものもあります。

ただし、案件を受注するにあたって、クライアントからポートフォリオ(実績を示すために自分が描いたイラストをまとめたもの)の提出が求められるでしょう。オリジナルイラストがベストですが、まずはイラストの実力を上げることとと作品数を増やすために、アニメやゲームなどの二次創作作品に力を入れるのも一つの方法です。そのほか、「大学や専門学校でイラスト制作を学んでいないので、案件を受注できるか不安…」という場合は、アルバイトや派遣社員、正社員などとして経験を積んでからフリーランスを目指す方法もあります。

案件の受注方法ですが、その一つにクラウドソーシングがあります。クラウドソーシングでは、インターネット上で案件の検索・受注・納品を行うことができます。クラウドソーシングのほか、クリエイター専門のエージェントを使うのも一つの手。営業を代行してもらえるので、案件の受注や収入に関する不安を軽減し、業務に専念できると考えられます。

イラストレーター案件を提案してもらう

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■イラストレーターの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではイラストレーターの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のイラストレーターを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。イラストレーターの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
イラストレーター未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターはIT・Web業界の案件提案サービスであり、フリーランスや派遣社員として活躍するデザイナーやクリエイターの方々を対象とした募集情報を掲載しています。豊富な求人・案件の中から職種やデザインツールなどのスキルに合わせて募集情報をお探しいただけます。大企業からベンチャー企業の募集情報まで幅広く扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。