クリエイター職種図鑑5.アニメーター

アニメーターの主な仕事内容

アニメ制作における作画を担当し、画力とスピードの両立が必須

アニメーション制作の場において、作画に関する仕事を担う職種がアニメーターと総称されます。アニメーターという職業は、主に作画を行う原画家と動画制作を担う動画家のことを指し、それぞれ募集される求人・案件の仕事内容が異なります。
原画家はアニメ制作の素となる原画や絵コンテを担当します。監督の指示のもと、人物や背景などさまざまなイラストを描写し、各シーンの可動域やシーン設計・演出・中割りなども考慮しながら描く仕事です。
一方、動画家は、原画と原画の間の動きを補うイラストを手がけます。ラフ画から線画を起こしクリーンアップを行う業務も、動画家の求人・案件の募集内容の1つです。
ほかにもクオリティ管理や動画検査など、滑らかな動きの表現チェックや違和感のないシーンつなぎもアニメーターが担当します。

アニメーターの求人・案件について

アニメーターの求人・案件は、ソーシャルゲームにおけるアニメーション制作が多いのが特徴です。アニメーションを作成する際には、以前はFlashが用いられることが多かったですが、近年ではSpriteStudioやSpineといったスプライトアニメーションツールを使用する求人・案件の募集が増えてきています。また、アニメーターはPhotoshopやSAIを用いてグラフィックを制作することもあります。
アニメーターの求人・案件の単価相場は、40~50万円ほどです。相場より高いものもあるので、自分のスキルに合った求人・案件を選択するようにすると良いでしょう。

アニメーターに必要なスキル

アニメーターは、「画力」と「スピード」が最も求められるスキルです。画力の中には、正確なデッサン力や豊かな表現力、画面構成力など多くの要素が含まれます。個性を抑え、その作品のキャラクターデザインに沿って作画することも大切なスキルの1つです。また、アニメーション制作では、独自の彩色技術が用いられるため配色センスも求人・案件によっては求められます。
ほかにも、動画家は膨大な数を作画する仕事を担当することから、コマ送りのイラストを描く忍耐力や体力も必要です。多くのアニメ作品は3DCGで描かれており、グラフィックツールやモデリングツールを使いこなす技術スキルもアニメーターの求人・案件に求められます。

アニメーターの資格

「絵を描くことが好き」、「アニメが好き」など、アニメーターという仕事に熱い想いがあれば必要な資格はありません。収入面よりも、仕事の楽しさを優先する気持ちがあればなお良いでしょう。スキルがあれば、ポートフォリオや自身のイラストやCGを提示することが、求人・案件において一番評価されるポイントとなるでしょう。もちろん、資格を習得することで自分の自信につながることもあります。
どうしても資格がほしいと思う方は、アニメーション学科を設けた専門学校や大学、美術大学などで学ぶのが良いでしょう。専門書を参考に独学で学ぶことも可能ですが、効率よく学べることや基礎がしっかりと身に付く点が通学の大きなメリットといえます。

アニメーターになるには

アニメーターになるために必須となる資格や学歴はありませんが、専門学校や美術大学でデザインやCG、アニメーションなどを学び、卒業後にアニメ制作会社やCG制作会社に就職するのが一般的です。ただし、画力がなければ、アニメーターとして就職できるとは限らないのが現状。作品集を作成し、自分の能力を効果的にアピールすることが必要です。
アニメーターとして働くためにはデッサン力が必須となるため、日頃から芸術に触れる機会を積極的に設け、常に向上心を持って知識・技術を磨くことが大切。
資格にはCGエンジニア検定やCGクリエイター検定があるため、取得しておくと業務に活かせるかもしれません。

アニメーターの将来性

日本のアニメは世界でも評価が高いため、今後もアニメーターの活躍が期待されています。
しかし、近年はアニメの制作費削減を目的として、人件費の安い海外へ動画などの業務を依頼する動きも。このような状況から、労働環境の不安定さや優秀な人材育成の停滞が課題です。
ただし、アニメーターが安定して働けるよう労働環境の改善へ向けての動きもあります。
アニメーターとして活躍するには、画力だけでなく忍耐力も必要となりますが、目標を持って実務経験を積む中でやりがいを実感できるでしょう。経験を重ねた後は、演出家や監督として活躍する方もいるようです。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■アニメーターの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではアニメーターの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のアニメーターを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。アニメーターの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
アニメーター未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではWebやゲーム業界における求人・案件提案サービスであり、フリーランスや派遣社員として活躍するデザイナーやクリエイターの方々を対象とした募集情報掲載しています。掲載している募集情報は職種やデザインツールの他、単価や地域などの条件からもお探しいただけます。デザイナーやクリエイター募集に関する最新情報を扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。