ゲームプランナー の求人・案件一覧

ゲームプランナーとは

ゲームプランナーとは、ゲーム制作においてゲームの企画案を練るための様々な業務を担当する職種です。企画書作成や仕様書作成の他、求人・案件によってバランス調整作業やシナリオ作成、スクリプトなども担当します。さらにデバック作業を担当することもあり、幅広い知識が求められる職種です。特に仕様書をはじめとする書類作成を頻繁に行うため、WordやExcelなどの文書作成スキルは必須と言えるでしょう。仕様書はデザイナーやプログラマーが作業を行う上で非常に重要なものとなるため、それぞれの認識にズレが生じないよう分かりやすくアウトプットすることも大切です。東京を中心とする首都圏には、ゲームプランナーを募集する求人・案件が豊富に存在します。しかし、トレンドの移り変わりが早いゲーム業界で活躍するためには、常に最新情報のキャッチアップが必要です。ゲームプランナーとして経験が浅い方は、派遣社員から始めてキャリアを積んでいくのもよいでしょう。

ゲームプランナーについて

ゲームプランナーの業務には、原案/企画書・概要書の作成や、仕様作成、シナリオ作成、スクリプト作成、テスト、制作管理(進行管理・スケジュール調整)などがあります。
基本的な説明を記載した「原案」を作成し、詳細を記載した「企画書」を作成し、これらをもとに行う「仕様書作成」がゲームプランナーの一番メインとなる業務です。仕様書では詳細なルール、画面レイアウト、必要オブジェクト、ステータス等ゲームを制作する上で必要な要素すべての仕様を決定します。これらが決定した後、実際のゲーム内でのキャラクターの位置や、キャラクターやアイテムなどのバランス調整等を行います。RPGなどのストーリーが必要となるゲームでは、ゲームの概要を作るプランナーと別にシナリオ担当のプランナーが存在する求人・案件も存在します。
ゲームプランナーに求められるものとして、コミュニケーション能力、論理的な思考、判断力・決断力などが挙げられます。
ゲームプランナーは説明・相談・交渉などと話す機会が多くあります。そのため、自分の考えをまとめ論理的に話せるスキルは必須です。また、ゲームプランナーはプログラミングと縁が無いようにも思われがちですが、ゲームプランナーがやりたいと思っていることをプログラミングで作らなければならないため、プログラミングの知識はある程度持っておいたほうがよいでしょう。
また、企画書や仕様書はExcelで作成する企業も多く、基本的なPC操作はある程度必要といえます。
プログラミングへの理解があると、実際にゲーム開発を行うプログラマ目線で仕様を作ることもでき、求人・案件の選択肢も広がるでしょう。
正社員のゲームプランナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。ゲームプランナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
LightWaveの募集求人・案件 Zbrushの求人・案件 QuarkXpressの募集案件

派遣求人の特集を見る
Webディレクターの派遣求人 キャラクターデザイナーの派遣求人 UIデザイナーの派遣求人

ゲームプランナーについて詳しく知る
ゲームプランナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る