2Dデザイナー の求人・案件一覧

2Dデザイナーとは

2Dデザイナーは、主にPhotoshopやIllustrator、SAI等のグラフィックツールを用いて作業します。求人・案件によってはグラフィックデザイナー、イラストレーターなど呼ばれ方が違うケースもあります。募集の内容を見ると、キャラクターデザインや背景、デフォルメされたアバターを手掛けるゲームクリエイターであったり、企業Webサイトのバナー、アプリの素材を制作するデザイナーだったりと作業範囲は様々です。仮にゲーム系で活躍したい場合は、アニメーション技術やCGや3Dのモデリング技術、UI/UXといった関連知識が必要になります。フリーランスとして活躍するには目指す方向性を固めつつも、バラエティに富んだ幅広い知識とスキルセットが求められます。実力はもちろんですが、他のクリエイターより行動やレスポンスが早ければ早いほど、依頼される案件も増えるでしょう。レバテッククリエイターでは2Dデザイナーの求人・案件が多数ございます。フリーランスはもちろん契約社員・派遣社員等、ご自身の希望に合わせた提案が可能です。また、参画中のサポートもしっかり行っております。

2Dデザイナーについて

2Dデザイナーの仕事は広範にわたり、絵コンテ、ラフデザイン、インターフェース画面やアイコン製作など、2D画像領域の多くを担当します。
ゲーム業界では、キャラクターやメカニック、インターフェース画面など、2D表示部分に携わる他、高いスキルを有している方は、よりクリエイティブな業務を任されることもあります。
2Dデザイナーとして活躍するには、美術の基礎技術であるデッサン力を養うことが重要となります。デッサン力を向上させるには、解剖学や造形学、図像学等の幅広い知識が必要となります。パソコンのように短期間で習得できるものとは違い、デッサン力を身に付けるためには、数年を要するため、日頃からの鍛錬が欠かせません。見えるものを観察し、正確にイメージを定着し表現する能力があれば、造形力も飛躍的に成長するでしょう。
2Dデザイナーは、映像分野への精通はもちろん、求められる内容に応じて最適なグラフィックを提案、製作する能力が求められます。
そのためには多彩な「引き出し」と、広い視野を持ち、ユーザーのニーズや市場動向をいち早く察知しながら、情報収集に努めなければなりません。
デザイナーとしての審美眼と、自身が製作したものを的確に判断できる客観性も、成長のための重要なカギとなります。
また、デザインツールとしてマスターしておきたいのが、PhotoShopとIllustratorです。Illustratorは、基本的に「ベクトルデータ」と呼ばれる画像形式で作業を行い、PhotoShopでは、主に「ビットマップデータ」を使用します。両者の違いや適性を覚えた上で、パスの制御方法などを勉強しておくと、今後役に立つでしょう。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。
求人・案件は職種やデザインツールなどでお探しいただけます。当サイトの職種図鑑にて職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、派遣求人に関する詳細な情報は派遣求人特集にて解説しています。
フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアをご利用ください。転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
正社員の2Dデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。2Dデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
DTPデザイナーの求人・案件 ゲームプロデューサーの募集案件 Blenderの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
HTMLコーダーの派遣求人 アニメーターの派遣求人 グラフィックデザイナーの派遣求人

2Dデザイナーについて詳しく知る
2Dデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る