アニメーター の求人・案件一覧

アニメーターとは

アニメーターは、作画監督が描いた絵コンテを元に原画を描き起こし、その後原画に動作をつけ、アニメやゲームに使用する動画を作成します。現在、アニメーション制作ではコンピュータを使用することが一般的となっていますが、アニメーターとして活躍するには、デッサン力やデザイン力が重要です。このようなスキルは、専門学校や大学に行って知識や実戦経験を得ること、さらに腕を磨くには自身の努力が欠かせません。人によっては、アニメ以外のものに着目し、演劇鑑賞やスポーツ観戦などで人物の動きを研究し、描写力の向上につなげる鍛錬を行っている方もいます。また、Flashを駆使してアニメーションを制作するWebに特化したアニメーターもいます。個人事業主やフリーランス、業務委託のアニメーターとして活躍する場合、必要なスキルは異なりますが、現場でよく使われているMayaや3dsMaxなどの3DCGソフトの他、PhotoshopやIllustratorなどグラフィックツールのスキルも求められることが多いです。

アニメーターについて

アニメーターは、原画を描き、アニメーションを作成する職種です。元々は手描き作業で全て行われていましたが、現在ではコンピュータを用いて行われることが一般的になりました。3DCGソフトを用いて、モデラーが作成したモデルに動きを加えたり、背景を制作することが主な業務です。また、2Dとの合成作品を手掛ける場合もあり、違和感のないように原画に合わせてアニメートを行います。テレビ番組のタイトル・CM、アニメーションや映画などの作成の他、建築や工業デザイン、医療などの分野でも需要があるため、幅広く活躍することができます。
アニメーターにはまず、デッサン力やデザイン力が求められます。様々な芸術に触れてみて、感性を磨き、表現力や発想力を身に付けることも大切でしょう。さらに動きを加える作業が中心になるので、人物の動作に対して研究し知識を得ることがとても重要です。また、物の構造・質感・素材などの幅広い知識も必要でしょう。具体的には、Mayaや3ds Maxといった3DCGソフトのスキルはもちろん、グラフィックツールであるPhotoshopやIllustratorなどのスキルが必須です。
アニメーターになるためには、専門学校に進学する方法があります。アニメーターにとって必要な絵コンテの描き方や映像編集などの技術や知識を習得した後、映像・アニメ・ゲームなどのCG制作関連会社やデザイン事務所に就職するのが一般的です。アニメーターとして十分なスキルや経験を積んでからフリーランスとして独立する人もいます。
正社員のアニメーター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。アニメーターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
プロダクトデザイナーの求人・案件 Zbrushの募集案件 QuarkXpressの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
アートディレクターの派遣求人 UIデザイナーの派遣求人 グラフィックデザイナーの派遣求人

アニメーターについて詳しく知る
アニメーターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る