Q

グラフィックデザイナーになるためにはどのような勉強をしたらよいですか

A

スクールに通って勉強するほか、現場で働きながら学習したり、独学したりするなど、さまざまな勉強法があります。

企業担当 鴨下 亜梨沙

詳しい解説はこちら

グラフィックデザイナーになる勉強法

■学校に通う

美術系の大学やデザイン系の専門学校では、座学やデッサンをはじめ、IllustratorやPhotoshopの使い方など、幅広く学べるのが特徴です。2年制もしくは4年制の学校が多いため、時間をかけて基礎から総合的に学びたい方に向いているでしょう。同じ目的を持った仲間と出会えるだけでなく、就職に役立つ情報が入手できるというメリットもあります。

■デザイン系スクールで勉強する

職業訓練や通信講座といったデザイン系のスクールでは、デザインの知識やIllustrator、Photoshopといったソフトの操作方法が習得可能です。短期講座が多いことから、より多くの知識を習得するためには独学と併用して利用するとよいでしょう。未経験の方だけではなく、スキルアップのために利用する方もいるのが特徴です。

■現場で働きながら学ぶ

デザイン事務所でアルバイトなどをの下積みをしながら実務を身に付けるといった方法もあります。そのままその現場で正式に働くことになるケースもあります。さらに、知識や技術を習得しながら現場の経験を積むことができるため、実際に働き始めるときに有利になるでしょう。

■独学する

インターネットや専門の書籍を利用して、デッサンやレイアウト、カラーコーディネートなど、デザインに関連する基礎知識や技術を独学します。実務では、ソフトを用いることが多いため、IllstratorやPhotoshopの操作も自身のPCを使用して学んでおくと良いでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報