3Dデザイナー の求人・案件一覧

3Dデザイナーとは

3Dデザイナーは、ゲーム業界で活躍していることが多く、コンピューターを用いた3Dのグラフィック制作がメイン業務です。デッサン画から形状を作成するモデリングや、シーンレイアウト設定を行うのも3Dデザイナーの仕事です。さらに視覚の設定や光源などの様々な効果を加えて、よりリアルな形状に仕上げていき、必要であれば動きの設定も行います。3DCGの制作は、ゲームやアニメ、CM、映画といった映像制作を始め、広告物や機械設計など幅広い業界で必要とされます。3Dデザイナーの求人・案件を受けるためには、コンピューターグラフィックの知識はもちろんですが、Maya、3dsMax、AfterEffectなどの3DCGソフトの操作スキルを持っておく必要があります。様々なツールを使いこなせれば、業務委託やフリーランスの求人・案件の選択肢も広がります。レバテッククリエイターで扱っている3dデザイナーの求人・案件は、フリーランス・派遣社員・業務委託など多彩です。あなたにマッチする求人・案件が見つかるでしょう。

3Dデザイナーについて

3DCGはモデリング技術をはじめ、ライティング技術やテクスチャ技術、レンダリング技術、ポストプロダクション技術が集まって成り立っています。
モデリング・・・形状を作っていく技術です。
テクスチャ・・・質感を与える技術を指します。
ライティング・・・物体の陰影を再現する技術です。
レンダリング・・・質感や反射・陰影などをコンピュータで計算し、フォトリアルな画像を出力する技術です。
ポストプロダクション技術・・・レンダリングで出来上がった映像・画像などに編集を加えていく技術です。
3DCG作品を仕上げるには、上記全ての工程におけるクオリティの高さが重要になってきます。現場ではこれらの作業を分担し、それぞれの技術に特化したスペシャリストが、クオリティの高い作品を生み出しています。
3Dデザイナーには、立体物を平面上に表現するための造形力や観察力、それを絵にすることができるデッサン力などが求められます。日頃から物を観察してデッサンを行うことで、デッサン力や観察力を鍛えることができます。資格や学歴などを問われることはありませんが、専門的な知識やスキルを持っていた方が有利になるでしょう。成果が重視されるため、過去の作品やポートフォリオなどの提出を求められる場合があります。現場でよく利用されているMayaや3ds Maxなどのハイエンドソフトは個人で入手するには金銭的に大きな負担となりますが、Blenderなどのオープンソフトを上手に利用することで、グラフィックツールのスキルを身につけることができます。
3Dデザイナーを求める業界は年々増加しており、今後も活動領域は拡大していくといわれています。キャリアパスとしては、デザイナーとして様々な経験を積んだ上で、アートディレクターやクリエイティブディレクターに転身するパターンなどがあります。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。
求人・案件は職種やデザインツールなどでお探しいただけます。当サイトの職種図鑑にて職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、派遣求人に関する詳細な情報は派遣求人特集にて解説しています。
フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアをご利用ください。転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
正社員の3Dデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。3Dデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
DTPデザイナーの求人・案件 Blenderの募集案件 プロダクトデザイナーの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
UIデザイナーの派遣求人 アートディレクターの派遣求人 Webディレクターの派遣求人

3Dデザイナーについて詳しく知る
3Dデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る