クリエイター職種図鑑 モーションデザイナー


モーションデザイナーの仕事内容・平均年収・必要な資格やスキルなどを解説します。また、向いている人の特徴やキャリアパス、将来性についても詳しく書いているので、これからモーションデザイナーを目指す人はぜひ参考にしてください。

モーションデザイナーの
求人・案件一覧を見る

目次

1. モーションデザイナーの主な仕事内容
2. モーションデザイナーの求人・案件について
3. モーションデザイナーの年収
4. モーションデザイナーに必要なスキル
5. モーションデザイナーの資格
6. モーションデザイナーになるには
7. モーションデザイナーに向いている人
8. モーションデザイナーの需要・将来性
9. モーションデザイナーのキャリアパス
10. フリーランスのモーションデザイナーとして働くには

1. モーションデザイナーの主な仕事内容

ゲームキャラクターに動きをつけて命を与える

モーションデザイナーの主な仕事内容は、ゲームのキャラクターに動きをつけることです。キャラクターの動きをつけるというとあっさりしていますが、ゲームに与える影響は少なくありません。ゲームの大部分は、キャラクターのアクションを見る時間が占めていることが多く、結果的にゲームの楽しさに大きく影響する仕事となっています。

制作現場では3DCGソフトを用いて作業することが多く、場合によっては3Dデザイナーの領域に携わることもある職業です。また、モーションデザイナーは3Dゲームだけが活躍の場とは限らず、2Dゲームでもモーションを担当するケースもあります。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

2. モーションデザイナーの求人・案件について

モーションデザイナーの求人・案件は単価が高く、需要もあります。求人・案件の数としてはさほど多くありませんが、モデラーが制作したキャラクターやオブジェクトに動きをつける裏方の仕事としてやりがいを感じられます。

一見、脚光を浴びる機会が少なく、モデラーの方が花形職種のように感じる部分もありますが、高い洞察力や表現力にこだわり抜いて取り組める方にとってモーションデザイナーは人気がある求人・案件です。

基本的にはMayaや3dsMaxを扱うことが多いですが、MotionBuilder等のより専門的なツールを扱いハイクオリティなモーション制作を求められる求人・案件もあります。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

3. モーションデザイナーの年収

以下の金額は、サイト内の単価診断ツールにて「ブランクなし」での経験年数別の単価目安から算出した、フリーランスのクリエイティブディレクターの年収目安です。そのため、会社員の給料、年収とは単純比較できない点にご留意ください。 

実務経験に基づく年収の目安(週5日作業の場合) 
・クリエイティブディレクター(実務経験1年未満 )の年収:300万円(25万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験1年~2年)の年収:360万円(30万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験2年~3年)の年収:420万円(35万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験3年~5年)の年収:480万円(40万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験5年以上 )の年収:660万円(55万円/月) 
※上記の金額は目安であり、実際のお支払い額はご自身の経験/スキルなどにより変動します  

モーションデザイナー案件を提案してもらう

4. モーションデザイナーに必要なスキル

モーションデザイナーとして活躍するには3DCGソフトのスキルは半ば必須です。特にMaya、3ds Max、SoftImage、After Effectsなどの実務経験を求める求人・案件が多く見られます。これらのソフトの一部は無料体験版もあるので、まずは試してみるのも一つの手でしょう。
また、キャラクターのモーションでさまざまな機微を表現する必要があるため、良いモーションデザイナーになるためには人体の構造への理解と表現したいことを形にするスキルも重要になります。

その他、シーンを形にする際は企画やプログラマーと綿密な打ち合わせをしながら作業を進めていくため、コミュニケーション能力も不可欠です。

関連記事:モーションデザイナーに必要なスキル

モーションデザイナー案件を提案してもらう

5. モーションデザイナーの資格

モーションデザイナーになるための資格などは特にありません。ですが、実際のモーションデザイナーの求人・案件においては実務経験を重視される傾向があるため、制作現場に携わることが重要となります。まずは3DCGソフトのスキルを磨き、自分の作品を作っていくことがモーションデザイナーになるための第一歩となるでしょう。業務用のソフト以外にも、BlenderやMMDなどのフリーソフトもあるため、そこからトライしてみるのも一案。

一方で、スキルアップのために資格を目指すことは無駄にはなりません。例えば、CGクリエイター検定。同検定はカメラワークやモデリング、アニメーションの手法などの知識を測ることを目的としており、仕事の幅を広げるのに役立つはずです。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

6. モーションデザイナーになるには

モーションデザイナーになるには、3DCGに関する技術を持っていることが最低条件となるでしょう。モーションデザイナーの業界で用いられるソフトは、Mayaをはじめ、3dx MaxやSoftImageなど、専門的な知識やスキルが要求されるものがメイン。必須資格などが設けられている求人・案件はあまり見られませんが、関連する職種での実務経験の年数や、大学・専門学校などで3DCG系の科目を専攻をしているかどうかなどがポイントになる場合もあるようです。

アニメやゲームのキャラクターが自然でしなやかな動きになるように普段から観察力を磨いたり、人体構造に関する知識を身につけておくこともポイントとなるでしょう。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

7. モーションデザイナーに向いている人

モーションデザイナーは、ゲーム内のキャラクターを動かすのが主な仕事ですから、アニメーションやアクションシーンが好きで、「キャラクターを動かしたい」という強い意欲を持っている人に向いていると言えます。

また、業務を行う上では、人体の構造や筋肉の動きについて理解し、違和感のない動きをつけるための観察力や、キャラクターごとに動き方や仕草、表情などを変えて個性を出すための表現力、プレイヤー目線で面白いと感じられるような動きを考える発想力が必要です。そのため、これらのスキルを持ち、さらに向上していく意思のある方は、より一層モーションデザイナーとしての活躍が期待できるでしょう。
基本的なデッサン力やCGソフトを使いこなせるスキルはもちろんですが、CG作成のためのソフトやハードは日々進化し続けています。最新の情報をキャッチアップし、常に新しい技術や情報を取込む積極性を持てる方もモーションデザイナーに向いているといえます。

そのほか、モーションデザイナーはCGデザイナーやプログラマーなど、多くのスタッフと関わりが深いポジションであり、連携しながら業務を進めることになるため、ある程度のコミュニケーションスキルや協調性を備えていることが望ましいです。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

8. モーションデザイナーの需要・将来性

モーションデザイナーはゲーム制作に欠かせない技術を持っているため、今後も将来性が見込まれる職種といえます。しかし、需要の高さのわりに、モーションデザイナーを志す人材は少数派とされる傾向も。希望者が少ない分、引き続き安定的に求人・案件に参画していくことができそうです。

モーションデザイナーの求人・案件は、ゲーム業界のものに留まりません。アニメや3DCGを用いた映画、スマホアプリなど、多様な分野の制作物においてモーションデザインの技術は活かされるでしょう。近年はVR/ARといった技術も注目を集めており、この面でもモーションデザイナーのさらなる活躍が期待されます。

モーションデザイナーの求人・案件では、ディレクターやプログラマーなど他職種の人たちとコミュニケーションをとりながら作業を進める機会が多くあります。自らのデザインをわかりやすく他者に伝えるコミュニケーション力があれば、円滑に作業を進めることができ、参画できる求人・案件の幅も広がりそうです。加えて、造形力をさらに高めたり、ディレクション力を磨いたりすることで、職種としての将来性がより高まるでしょう。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

9. モーションデザイナーのキャリアパス

一般的に、モーションデザイナーには明確なキャリアパスがありません。そのため、キャリアチェンジしないかぎりは、その道のスペシャリストとして第一線で活躍し続けるのが目標となるでしょう。ステップアップの道がないことで、収入が上がる見込みがなく不安という場合は、今よりも条件の良い会社を探して転職するか、フリーランスとして独立するという手があります。

もし転職の道を選ぶなら、技術面の専門性を高めるのはもちろん、対人スキルや管理スキルを身に着けておくと、職種としての価値が高まる可能性があります。なぜなら、会社によっては、管理しながらも自分で手を動かすことができる、マネジメントと実務を兼ねたプレイングマネージャーを求めていることがあるためです。

また、フリーランスの道を選ぶ場合も同様に、自分のスキルを磨いて市場価値を高めておくことが大切といえます。より多くの業務委託案件に対応できるよう、さまざまなテイストの作品に対応できる柔軟さや、幅広いツールを操作できる技術力を備えておきましょう。フリーランスになったら、収入は自分の実力と頑張り次第で変わります。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

10. フリーランスのモーションデザイナーとして働くには

転職サイトやクラウドソーシングサービスで検索してもあまりヒットしない「モーションデザイナー」の案件。
将来的に独立しても需要があるのか不安になるかもしれませんが、これは一般にモーションデザイン業務だけを専門に募集をかける企業が少ないためで、需要自体はスマホアプリの普及なども手伝って増加しています。3DCGデザイナーなど包括的な職種で募集をかけている場合が多いので、モーションデザイン以外のスキルも磨いておくことで、クライアントから求められるデザイナーになれるでしょう。

モーションデザイナーの案件は、基本的に週5での客先常駐案件が多い傾向にあります。プログラミングと密接な関係にある業務ゆえに、問題が見つかった際にはプログラマーとすぐに連絡を取り合う必要があるためです。

また、モーションデザインの業務は長期間に及ぶことも多いため、客先常駐で作業する場合は業務委託契約ではなく契約社員として一定期間雇用されるケースもあります。

在宅で作業することの多いフリーランス(個人事業主)のイメージとは少し違うかもしれませんが、それだけゲーム開発における重要なポジションを担う職種だと言えるでしょう。

モーションデザイナー案件を提案してもらう

ゲームクリエイター募集中!

WFS 求人

「Heaven Burns Red(ヘブンバーンズレッド)」や「アナザーエデン 時空を超える猫」、「消滅都市」を手掛ける株式会社WFS。グリー株式会社の子会社として誕生した同社では、現在さまざまなゲームクリエイターを募集中です。案件の詳細が気になる方は、以下のリンクからご確認ください。

株式会社WFSの案件詳細を見る

モーションデザイナーの求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします

フリーランスになるかお悩みの方へ

まずは情報収集から始めませんか?

【無料】エージェントに相談してみる