クリエイター職種図鑑22.エフェクトデザイナー

エフェクトデザイナーの主な仕事内容

ゲームの演出に関わるモーション・グラフィックスを制作

エフェクトデザイナーとは、主にゲーム業界で、ゲームを盛り上げるためのグラフィック演出を制作する職業です。仕事内容としては、銃撃の際の火花といったリアリティの表現や、剣撃のエフェクト、魔法を放ったときの大爆発といった派手な演出を担当します。エフェクトデザイナーは、3Dゲームが主流となってから生まれた職種で、映画のようなリアルさや迫力を生み出すために、近年ではエフェクト専門のデザイナーもたくさん登場してきています。ゲーム会社におけるデザイナー職の中でも需要が高く、エフェクトデザイナーは多くのゲーム会社で求人・案件の出されている職種となっています。

エフェクトデザイナーに必要なスキル

エフェクトデザイナーに必要とされることが多いのが、Mayaを使用したグラフィック制作スキル。Mayaとは、3DCG制作用ソフトウェアで、ゲームのほか、映画やCMなどで使用される機会もたくさんあります。次いで求められるのが、After Effectsを用いたグラフィック制作スキル。こちらは映像のデジタル合成や、モーション・グラフィックスの制作に適しており、生産ラインに採用している企業は多くあります。そのほか、Photoshopなどの2Dツール、3ds maxなどの3Dツールの使用が求められることもあり、企業が採用しているソフトによって、必要な技術は異なります。

エフェクトデザイナーの資格

エフェクトデザイナーに関連する資格の1つに、CGクリエイター検定があります。これはデザインや2DCGの基礎から、3Dを用いたモデリング技術、制作のワークフローに関してまで幅広く出題される検定。ベーシックとエキスパートの2種類があり、応用問題が出題されるエキスパートの資格を取得できれば、CGデザインに関して多くの知識と技術を持っていることを証明できます。そのほか、色彩検定などのデザインに関わる分野の資格や、PhotoshopやIllustratorなどのツールの資格を持っていれば、エフェクトデザイナーの仕事に役立てることができるでしょう。

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■エフェクトデザイナーの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではエフェクトデザイナーの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のエフェクトデザイナーを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。エフェクトデザイナーの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
エフェクトデザイナー未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターはIT・Web業界の案件提案サービスであり、フリーランスや派遣社員として活躍するデザイナーやクリエイターの方々を対象とした募集情報を掲載しています。豊富な求人・案件の中から職種やデザインツールなどのスキルに合わせて募集情報をお探しいただけます。大企業からベンチャー企業の募集情報まで幅広く扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。