モーションデザイナー の求人・案件一覧

モーションデザイナーとは

モーションデザイナーは、ゲームやアニメのキャラクターに合わせて動きを付ける職種です。体型・顔などの情報がなくても、動きを付けることでキャラクターに特徴を持たせることができ、キャラクターを構成する上で重要な要素のひとつとなっています。フリーランスのモーションデザイナーとして活躍するには、MayaやSoftimageといった3DCGソフトのほか、Photoshopなどのグラフィックツールのスキルが必要です。BlenderやMMDなどフリーソフトを利用して、3DCGの制作スキルを身につけるのもよいでしょう。スポーツや演劇などを鑑賞し人物や物の動きを研究することも、モーション描写の上達に繋がります。モーションデザイナーの求人・案件については、これまではコンシューマーゲームの募集がメインでした。近年3Dのモバイルゲームが普及したことから、モバイルゲーム開発でもモーションデザイナーの募集が増加しています。派遣の求人・案件では、スキルがあれば業界未経験の方でも起用されるケースがあるようです。

モーションデザイナーについて

モーションデザイナーとしての活躍を目指すなら、基礎的なデッサンができる程度の画力を備えるとよいでしょう。
常日頃、動くものを細部まで観察し、2DCGに表現する練習を重ねることで、素描力を向上させることができます。
独創的なイメージを可視化し、企画を表現していくためには、日々の鍛錬が大切になるのです。
また、Maya、3dsMax、MotionBuilder等のソフトを駆使した3Dモデリング技術や映像表現のスキルも求められます。
高いリアリティを実現するグラフィックスが増えたことで、コンセプトアートだけでは伝えられない魅力を、表現することができます。
就職活動において、作品の提出を求められることも多いため、早い段階から習得しておくとよいでしょう。
モーションデザイナーは裏方での地道な作業がほとんどで、ゲーム業界の華やかなイメージとの違いを感じる面があるかもしれませんが、現場の最前線で貴重な経験を積むことができます。イベントシーンなど、見せ場のカットシーンを作成する段階では、企画やプログラマーと共にアイディアを出し合いながら、作品を作り込んでいきます。このように、プロフェッショナルとして活躍されている多くの方々と関わり合いながら作業を進めていくことが多いため、コミュニケーション能力や、要点を適切に説明できる力も重要になります。また、画面上での動作確認をコツコツと重ねていくため、根気強さや作業の丁寧さも求められます。
参画後も、アニメや映画等の映像分野の動向を敏速に察知し、新たな技術の習得に励むことで、更なる高みを目指すことができます。
コンテンツユーザーとしての目線を制作サイドに反映させながら、斬新な発想で世界にインパクトを与えられる魅力的な職種です。
正社員のモーションデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。モーションデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
DTPデザイナーの募集案件 Zbrushの募集求人・案件 InDesignの求人・案件

派遣求人の特集を見る
HTMLコーダーの派遣求人 Webデザイナーの派遣求人 Photoshop×Illustratorの派遣求人

モーションデザイナーについて詳しく知る
モーションデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る