グラフィックデザイナー の求人・案件一覧

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは、広告や書籍デザインをはじめ、Webサイトやゲームなどのデザインも手掛けることがある業務です。情報の伝達手段としてデザインを用いるため、的確な表現力を身につける必要があります。グラフィックデザイナーの業務フローは、まずクライアントからの依頼を受け、ターゲットやコンセプトの確認を行い、イメージを具体的にしていきます。グラフィックデザイナーの募集要項では、流行やニーズに配慮したデザインを提案していくことも求められます。グラフィックデザイナーのフリーランス・業務委託の求人・案件にはDTPデザインを行うものも存在するため、IllustratorやPhotoshopなどの他にもDTPに関する知識も身に付けておくと活躍の幅が広がるでしょう。契約や派遣として経験を積んでからフリーランスとして業務委託を結ぶキャリアプランも1つの道ですが、フリーランスをはじめ、契約、派遣の求人・案件は多数あるので、自身に合うグラフィックデザイナーとしての働き方を見つけることが大切です。

グラフィックデザイナーについて

グラフィックデザイナーは、デザインを用いて情報を伝える職種です。クライアントから依頼を受けて、その要望に沿ってデザインを行います。新聞やポスターなどの広告デザインを始め、雑誌やパンフレットの表紙のデザイン、Web媒体のグラフィック作成まで幅広いデザインを手掛けます。デザインの企画・制作を行うため、場合によってはアートディレクターやフォトグラファー、エディトリアルデザイナーとの業務を掛け持ちで行うことも多くあります。グラフィックデザイナーには、クライアントのイメージに合うデザインを行うためのデザインセンス・美的センスが求められます。また、クライアントへの対応だけではなく、制作物によってはコピーライターやイラストレーターとチームを組むこともあるため、関係者への気配りや配慮ができるようなコミュニケーション能力も必要です。さらに、制作物に対してクライアントから何度も修正依頼があった場合に、それに対応できる根気強さも持ち併せておく必要があります。具体的なスキルとしては、レイアウト・フォント・色彩などの基本的なデザイン知識、DTPデザインのためのIllustratorやPhotoshopなどのスキルを身に付けておくと良いでしょう。グラフィックデザイナーとして活躍するためには、デザイン事務所や広告制作会社、広告代理店、プロダクションなどで実際にデザイン業務に就く方法があります。アシスタントとして経験を積んで、徐々に大きな仕事を任されるようになるのが一般的です。さらに、実業務で経験を積んだ後にフリーランスとして独立するグラフィックデザイナーもいます。
正社員のグラフィックデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。グラフィックデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
LightWaveの募集求人・案件 Zbrushの求人・案件 QuarkXpressの募集案件

派遣求人の特集を見る
グラフィックデザイナーの派遣求人 アニメーターの派遣求人 フロントエンドエンジニアの派遣求人

グラフィックデザイナーについて詳しく知る
グラフィックデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る