シナリオライター の求人・案件一覧

シナリオライターとは

シナリオライターは、ゲームのシナリオを作る職種です。以前はゲームプランナーが兼任していましたが、ゲームの多様化などを背景にシナリオライターという職種が生まれました。業務内容は、台詞・脚本などに、ストーリーの岐や演出効果など指示出しのプログラミングを入れる形で制作します。そのため、脚本作成能力だけでなくスクリプトに関する知識も必要です。シナリオライターは求人・案件によって様々なケースがあり、企画から携わることもあれば、プロットをベースに書くこともあります。また、キャラクターや世界観など決められた設定に基づいて書くフリーランスの求人・案件もあるようです。ストーリーとスクリプトを分業化している求人・案件もありますが、業務委託やフリーランスの場合、双方に対応できる方が求人・案件に参画しやすくなります。まずはゲームスクリプトに関する知識・経験を身につけてから実務経験を積み、業務委託やフリーランスを目指すと良いでしょう。派遣の求人で実力をつけ、フリーランスに転身するシナリオライターもいるようです。

シナリオライターについて

シナリオライターは、ゲームのシナリオを担当する職種です。ゲーム制作においてストーリー性は非常に重要で、ゲームの中でキャラクターのセリフや動作・アクションのもとになります。ゲームのシナリオは一般的な脚本と違い、ゲームの進行に合わせたストーリーの展開が必要になってきます。
ゲームのシナリオの最大の特徴は、ト書きやセリフによって場面が変化したり、人物の動作・アクションが描かれるなど、ストーリーに分岐があることです。ゲームのシナリオは、演出効果や分岐制御が組み込まれたコンピュータプログラムであり、一般的な脚本とは違ったフォーマットで構成されています。そのため、シナリオライターには基本的なシナリオ作成のスキルだけでなく、スプリクト言語に関する知識が求められます。シナリオを元にスクリプトを起こす「スクリプター」と呼ばれる専門の職種もありますが、小規模なプロジェクトではシナリオライターがこの作業を行う場合があります。シナリオライターになるためには、スプリクト言語の知識は身に付けておいたほうが良いでしょう。
また、ゲーム制作現場では予算などの都合により、制作開始の段階でシナリオが存在していないということがあります。他のセクションと同時進行でシナリオ制作を行うことがあるため、関係者にシナリオの全体像を説明しておくことが必要です。そのためにはストーリー全体の概要をまとめるフローチャートなどの構成スキルが大切であり、さらに制作スタッフにもシナリオの構造や意図を理解してもらうためのコミュニケーション能力も求められます。
正社員のシナリオライター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。シナリオライターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Zbrushの求人・案件 LightWaveの募集案件 プロダクトデザイナーの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
Webデザイナーの派遣求人 イラストレーターの派遣求人 Photoshop×Illustratorの派遣求人

シナリオライターについて詳しく知る
シナリオライターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る