クリエイター職種図鑑12.UXデザイナー

UXデザイナーの主な仕事内容

サービスや商品の使い心地や快適さをデザインする

UXとは、サービスや製品を使用した際に得られる体験を指します。
それを形にするUXデザイナーの仕事は、画面や機能、操作方法などを設計し、ユーザへ快適さや心地よさを提供することです。仕事内容によりますが、フローチャートやワイヤーフレームなどを使って作成する場合があります。
例えばWebサイト構築なら、ユーザーの目に直感的に入るUIデザインだけでなく、クリックした後に表れる画面やシステムの反応なども考慮したデザインが重要です。また、UXデザインの幅を広げるためには心理学や人類学の領域に踏みこむ部分もあります。多くの要素が絡み合っている点がUXデザイナーの特徴であり、UIデザイナーとの違いです。

UXデザイナーに必要なスキル

UXデザイナーに求められるスキルは、デザイン力だけではありません。まず、クライアントの要望を正確に掴むためのコミュニケーション力が不可欠です。仕事内容によっては専門家と協力しながら業務を進めることもあります。
また、サービスの使い勝手や便利さを考慮し、設計段階から分かりやすいサイトをイメージすることが大切です。ユーザー体験を迷うことなく目的地へ導けるか、さまざまな視点で客観視できるかもUXデザイナーとしてのスキルといえるでしょう。
他にも、人類学や心理学などのメンタリズムに関する知識が求められることがあります。ユーザー体験に、より価値を生み出すため、顧客満足度を重視したデザイン設計が重要です。

UXデザイナーの資格

UXデザイナーには必須資格がありません。ただし、他のデザイナーと比べ求められる視点が広いため、自身のスキルアップを目的として取得される傾向が強いようです。
UXデザイナーとして、「アドビ認定エキスパート」や「Webデザイナー検定」などのデザイン系の資格は持っておいて損はないでしょう。また、心理的な面にも気を配る必要があるため、人間中心設計に関する「認定HCDスペシャリスト」や「認定HTCD専門家」などを取得されると、メンタル面に特化した知識やスキルを身につけることができるはずです。
応募資格に規定の実務経験年数が必要となりますが、これから受験者数が伸びると予想されるため今後注目したい資格です。

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■UXデザイナーの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではUXデザイナーの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のUXデザイナーを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。UXデザイナーの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
UXデザイナー未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではIT・Web業界で活躍するフリーランスや派遣のデザイナー・クリエイターの方々を募集する求人・案件を掲載しています。掲載している募集情報は弊社の企業担当者が独自に集めた情報であり、Webデザイナーやイラストレーターなど幅広い職種の募集情報を扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。

UXデザイナーの求人をお探しの方へ