プロダクトデザイナー の求人・案件一覧

プロダクトデザイナーとは

プロダクトデザイナーは工業製品や家具、文房具といった生活で使う様々な製品をデザインします。中でも機械製品や工業製品を手掛ける人をインダストリアルデザイナー、さらに専門的な分野はメカニカルデザイナーと呼ぶ場合があります。プロダクトデザイナーは形やビジュアル面のデザインだけでなく、ユーザー目線から商品企画から売り方といった部分まで携わります。フリーランスとして活躍する方は、専門的な学校を出てメーカー会社やデザイン会社等で数々の実績を残し、周囲から高い評価を獲得してから独立されるのが一般的です。まずは自身の専門性を高めるため派遣・契約社員として案件を手掛けるのもいいでしょう。「大きなコンペにエントリーしてデザイン賞を受賞する」等といった高いモチベーション持ち経験と実績を積み重ねていくことが重要といえます。レバテッククリエイターには、東京都などの首都圏を中心とした様々な案件が揃っています。ご自身の目指す方向性に合わせたプロによるサポートが整っていますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

プロダクトデザイナーについて

プロダクトデザイナーとは、日常生活の中で使用するあらゆる製品をデザインする職種です。プロダクトデザイナーには、自動車や家電、医療機器などの工業製品をデザインするインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)や、食器や家具など身近な日用品のデザイナーなど、多種多様な製品のデザイナーが含まれます。プロジェクトによっては、グラフィックデザイナーやファッションデザイナーとも同じ作業を行うこともあり、クライアントの目的・意図や使う人を考慮しながら製品のデザインを手掛けます。
プロダクトデザイナーにとって、設計や製図を行うためのCADソフトは必須スキルです。また、アイデアや閃きをスケッチするためのデッサン力、3DCG・模型をプレゼンテーションのために制作する技術や知識も必要です。製品のコンセプトや意図など、クライアントの要望を汲み取ることができるスキルや、話し合いを重ねながら分析に取り組むなどのコミュニケーション能力もプロダクトデザイナーには求められます。アイデアをより効果的にアピールするためのプレゼンテーション能力もあったほうが良いでしょう。
さらに、人・物・生活・道具などに関する人間工学・行動学、空気抵抗などを考慮するための流体力学など幅広い知識がプロダクトデザイナーには必要です。オリジナルの感性や芸術的なセンス、加えて流行に敏感であることも大切です。プロダクトデザイナーとして活躍するためには、大学や専門学校などで美術や生活科学、建築学などを学んだ後に、現場で実際にプロダクトデザインに携わりながら様々な知識を身に付けていくのが一般的です。
正社員のプロダクトデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。プロダクトデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
DTPデザイナーの募集案件 Zbrushの募集求人・案件 InDesignの求人・案件

派遣求人の特集を見る
キャラクターデザイナーの派遣求人 Webディレクターの派遣求人 アートディレクターの派遣求人

プロダクトデザイナーについて詳しく知る
プロダクトデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る