クリエイター職種図鑑3.グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

印刷物からWebメディアまで手広くグラフィックデザインを行う

出版社や広告代理店、ゲーム会社からの依頼を受け、ターゲットやコンセプトに沿ってIllustratorやPhotoshopなどのグラフィック作成ソフトを使い、デザインをするのがグラフィックデザイナーの仕事内容です。新聞・雑誌・ポスター・パンフレット・名刺などの印刷物をはじめ、店舗や屋内外の看板デザイン、ゲーム素材やWebサイトのデザインも制作するなど、グラフィックデザイナーは仕事内容は多岐にわたる職業です。
また、場合によっては企画会議への参加や写真撮影に立ち会うといった、制作前の段階から携わる仕事内容もあります。
主に広告代理店や印刷会社、デザイン事務所、ゲーム会社からの募集がありますが、これらの職場でグラフィックデザインの経験を積み、独立しフリーランスとして活躍する人もいます。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザインの仕事をするには、Illustrator・Photoshopといったグラフィック作成ソフトの基本的なスキルがあることが前提となります。
また、写真の配置・文字のデザイン・配色・全体的なレイアウトをするための美的センスのほか、クライアントの要望や企画内容に沿って忠実に表現するスキルもグラフィックデザイナーには必要です。
募集によっては製版・印刷に関する知識や、プレゼンテーション能力も求められることもあります。
さらに、デザインに関する知識やスキルだけでなく、チームでの制作やクライアントとの打ち合わせなどの際に必要となるコミュニケーション能力を高めることも重要です。

グラフィックデザイナーの資格

グラフィックデザイナーになるための資格は特にありませんが、求人・案件の募集を受けるには良い作品を制作するために技術や知識の習得に取り組みたいものです。
グラフィックデザイナーが取得しておきたい資格として、公益法人日本印刷業技術協会が主催する「DTPエキスパート認証試験」があります。デザイナーはもちろん、プランナーやオペレータといった印刷・DTPに関連する知識を習得した人が得られる認証制度で、印刷業界をはじめ、広告や出版業界で働く人たちを中心に受験されています。そのほか、色彩についての知識を習得した人が受験する、公益社団法人色彩検定協会の「色彩検定」なども推奨されます。

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■グラフィックデザイナーの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではグラフィックデザイナーの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のグラフィックデザイナーを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。グラフィックデザイナーの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
グラフィックデザイナー未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではIT・Web業界で活躍するフリーランスや派遣のデザイナー・クリエイターの方々を募集する求人・案件を掲載しています。掲載している募集情報は弊社の企業担当者が独自に集めた情報であり、Webデザイナーやイラストレーターなど幅広い職種の募集情報を扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。