Webディレクター の求人・案件一覧

Webディレクターとは

Webサイトの制作時において人員の配置や工数・スケジュールマネジメントなどを中心に行うWebディレクターは、クライアントの要望や納期などに応えられるようコンテンツ作成を行うため、プロジェクトの進行状況はもちろんメンバーの動きを把握することも、重要な業務のひとつです。加えて、調整能力、コーディングやデザイン、コンテンツ制作などに関する幅広い知識や経験も必要です。Webディレクターの求人・案件は多数ありますが、プロジェクトメンバーと円滑に業務を進めるためのコミュニケーション能力や、効率よくプロジェクトを管理する能力なども求められます。Webディレクターのフリーランスとして活動するビジョンを描いている方は、契約社員の求人・案件を探してご自身のペースでキャリアを積んでいくことが可能です。そして、Webディレクターとしてフリーランスで活動し、業務委託を受けて案件をこなせるようになると自信を持って業務に取り組めるでしょう。

Webディレクターについて

Webディレクターとは、Web制作などにおいてWebプログラマー・Webデザイナー・コーダーなどの人員の配置、プロジェクト全体の工数管理・進行管理、そして品質管理を主に行う職種です。クライアントの要望や納期に応えられるよう、作業現場においてプロジェクトの進行やメンバーそれぞれの動きを把握しながら制作を進めていきます。さらに品質管理を行うために、企画・撮影・取材などにも関わることもWebディレクターの役割です。そのため、プロジェクトによっては、Webプランナーの業務を兼ねることもあります。
Webディレクターになるためには、マネジメントスキルが欠かせません。スケジュール設定・管理、コンテンツの品質管理などさまざまなマネジメントを行うことが、Webディレクターには求められます。Webサイトの制作は複数の作業を同時に進めることが多いため、プロジェクト全体を効率良く、スムーズに進めることができるよう管理しなければなりません。
さらに、HTMLやCSSなどのコーディングを始め、プランニング、デザイン、プログラミングなどに関する知識やスキルも持っておくほうがよいでしょう。幅広い制作スキルや経験があれば、各パートの人選も的確に行うことができます。また、メンバーと広くコミュニケーションを取ることができ、円滑なプロジェクトの進行に繋がります。
クライアントと作業現場間、制作メンバー間を取り持つこともWebディレクターの仕事のひとつです。それぞれの情報を的確に把握し伝えるために、打ち合わせを始め、多くのコミュニケーションを取る必要があります。クオリティの高いWeb制作を実現するためには、コミュニケーションスキルも必須といえるでしょう。
正社員のWebディレクター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。Webディレクターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
InDesignの募集求人・案件 Metasequoiaの求人・案件 Zbrushの募集案件

派遣求人の特集を見る
HTMLコーダーの派遣求人 アートディレクターの派遣求人 Webデザイナーの派遣求人

Webディレクターについて詳しく知る
Webディレクターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る