HTMLコーダー の求人・案件一覧

HTMLコーダーとは

Webサイトの制作現場では、一般的にサイト構造やレイアウト設計がなされた後、Webデザイナーがビジュアルデザインを作成します。HTMLコーダーは、そのデザインをブラウザ上で忠実に再現するため、HTMLやCSSを用いてコーディングを行います。デザイナーがコーダーを兼任する案件もありますが、サイトの複雑化や大規模化に伴い、分業化する傾向があります。様々なブラウザに対応できるコーディングを行うこと、またサイトの更新や保守作業を考慮しておくことが重要で、HTMLコーダーにとっての腕の見せ所と言えるでしょう。レベルの高いHTMLコーダーは、JavaScriptやWebデザインについての知見が身についており、デザイナーやプログラマーと円滑にやりとりしながら、サイト制作の重要なポジションを担います。HTMLコーダーは比較的派遣の求人・案件が豊富な職種です。現場経験を積んで将来的にはフリーランスのHTMLコーダーとして独立し、個人事業主となるキャリアプランを描くことも可能です。

HTMLコーダーについて

HTMLコーダーはデザイナーが作成したデザインをもとにHTMLとCSSを駆使してWebページ上に再現する作業を行います。
作業の一連の流れとしては、まずHTMLで文書構造のマークアップを行った後、デザインデータから画像を切り取ります。CSSを使ってレイアウトやデザインを組み立てると、サイトは完成形に近い状態となります。ブラウザチェックの後、総合チェックで問題がなければ、Webページの完成となります。
コーダーに求められる重要なポイントは、どのブラウザで閲覧してもレイアウトが崩れないようにコーディングすることです。チェック作業の際は複数のブラウザを使ってプレビュー表示を行い、全て同じ表示になるように修正を行っていきます。
さらに、制作したWebページの更新作業や保守業務、コーディングガイドラインの作成や改編、CMSの構築などもHTMLコーダーの作業内容に含まれます。
HTMLコーダーはHTML/CSSスキルはもちろんのこと、JavaScriptやPHPなどのスクリプト言語の知識やプログラミングの基礎的な知識、CMS、Webデザインの基本的な知識、ユーザビリティの知識などが求められます。技術の移り変わりが激しいため、最新技術の習得を積極的に行うことも重要なポイントです。
HTMLコーダーのキャリアプランとしては、さらにコーディングスキルを伸ばしたい方はフロントエンドエンジニアに、デザインが好きな方はWebデザイナーへ転身するパターンがあります。
正社員のHTMLコーダー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。HTMLコーダーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Blenderの求人・案件 プロダクトデザイナーの募集案件 DTPデザイナーの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
Webデザイナーの派遣求人 ゲームプランナーの派遣求人 Webディレクターの派遣求人

HTMLコーダーについて詳しく知る
HTMLコーダーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る