Webデザイナー の求人・案件一覧

Webデザイナーとは

Webデザイナーは、一般的にWebサイトのデザインを担当するポジションを言いますが、企業やプロジェクトによっては、サイトデザインだけでなくコーディングまで手掛けることがあります。そのため、Illustratorなどのグラフィックソフトに加えて、HTMLやCSS、JavaScriptなど言語についての知見を有しておくとWebデザイナーとしての活躍の幅を広げることができるでしょう。東京周辺で求人・案件を探している場合は、ゲーム業界で活躍できるWebデザイナーの求人・案件が多く見つかります。ゲーム業界でのWebデザイナーの募集では、業務経験が優先されることが多く、まず契約社員の求人・案件に参画して、実務経験を積むのも良策です。Webデザイナーの求人・案件の参画時には、スキルをアピールできるポートフォリオを求められることがほとんどなので、WordPressなどの制作物と、紙媒体のポートフォリオを用意しておくと良いでしょう。そして、経験を積んだ後に業務委託を受けることでさらに成長できます。

Webデザイナーについて

Webデザイナーにはそれぞれタイプがあり、Webページのデザインに特化したタイプやコーディングが得意なタイプ、スクリプトに長けたタイプなどに分類することができます。
「Webページのデザイン」は、サイトの企画内容からサイトの構成、ページの構成などを決めた上でデザイン業務を行います。デザインを考える場合は、Webページのコンセプトや内容に基づいて考えていきます。人を惹きつけるようなデザインはもちろん、ユーザビリティやコントラストなどを考えながらデザインを行うことが重要です。「コーディング」では、HTMLでマークアップしてからCSSでページのレイアウトを整えていきます。テキストエディタでも十分行うことができますが、Adobe Dreamweaverなどオーサリングソフトなどを利用すると実際に表示されるページを確認しながらソース編集が可能です。「スクリプトの作成」は、ブラウザ側で動作するタイプのスクリプトの作成を行います。クライアント側で動作するスクリプトの作成は、主にフロントエンドエンジニアの担当となります。スクリプトの多くは、多様な動的表現が可能なJavaScriptが用いられています。スクールや専門学校に通うことがWebデザイナーになるための手段として挙げられますが、未経験から独学でWebデザイナーとして活躍している方も多くいます。
正社員のWebデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。Webデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Zbrushの募集案件 DTPデザイナーの募集求人・案件 プロダクトデザイナーの求人・案件

派遣求人の特集を見る
グラフィックデザイナーの派遣求人 アニメーターの派遣求人 フロントエンドエンジニアの派遣求人

Webデザイナーについて詳しく知る
Webデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る