クリエイター職種図鑑25.DTPオペレーター

DTPオペレーターの主な仕事内容

印刷物編集に際してデザインデータを作成するエキスパート

DTPオペレーターは、IllustratorやPhotoshop、InDesignなどを使って印刷物のデータを作成する職種です。デザイナーが制作したデザインに沿って、写真やイラストをはめ込んだり、行間や字間を調整したり、内容に合ったフォントを選んだりといった作業を行います。ミリ単位での緻密な作業となるほか、誤字や脱字などの微細なミスがクライアントにとって大きな損害になるため、相当な集中力が求められます。印刷会社や広告代理店をはじめ、編集プロダクションやデザイン事務所などが主な活動現場となっています。パソコンとDTPソフト・周辺機器があれば作業ができるため、フリーランスとして在宅で作業を行うDTPオペレーターも存在するようです。

DTPオペレーターの求人・案件について

DTPオペレーターの求人・案件は、印刷・出版業界や広告代理店、制作会社で募集があります。他の職種と比べると求人・案件の数は少なめで、近年はWebへの移行が強まっていることから、さらにDTPオペレーターの需要は減りつつあります。今後も求人・案件の数は減少していくでしょう。その背景から、DTPオペレーターの中には、Webデザイナーへの移行を視野に入れて活動する方が増えているようです。まずはバナーやランディングページのデザインからはじめ、ある程度慣れたらコーディングに移行するというパターンが多い傾向にあります。

DTPオペレーターの資格

DTPオペレーターとして活躍するために必須の資格はありません。PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックツール、InDesignやQuark XPressなどのDTPソフトを使いこなすことができれば、DTPオペレーターとして活躍することができるでしょう。フリーランスとして独立を考えている方、派遣会社に登録することを考えている方は、DTPエキスパート認証試験やDTP検定などの資格を取得しておくと、求人・案件を探す際に有利となります。緻密で正確な作業が好きな方、高い集中力を発揮できる方に向いている職種です。

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。