DTPデザイナー の求人・案件一覧

DTPデザイナーとは

印刷物に必要な写真・イラスト・文字などをPC上で編集し、デザインやレイアウトを行うDTPデザイナーは、雑誌や冊子、ポスター、広告などのデザインをDTPソフトを用いて行う求人・案件が多く、人の興味をひきやすいように文章や写真、イラストをレイアウトするスキルが求められます。さらに、DTPデザイナーの募集要項にはデザインを行うためのPhotoshopやIllustratorのスキル、レイアウトを行うためのQuarkXPressやInDesignが必要と記入されていることが多いです。また、印刷物のコンセプトなどを考慮しながら作業を行うため、表現力やデザインセンスも重要です。DTPエキスパート認証試験やDTP検定もあり、これらの資格を取得しておくと活躍できるでしょう。レバテッククリエイターでは、Web業界で活躍できるDTPデザイナーのフリーランスや派遣、業務委託といった求人・案件が充実しており、業界に特化したコーディネーターがご希望に応じた求人・案件をご紹介します。

DTPデザイナーについて

求人・案件の中には、DTPデザイナーとDTPオペレーターとを分けて募集しているところもあります。しかし、はっきりとした境界線がないDTPデザイナーとオペレーターであるため、どちらの作業も行わなければならない可能性もあります。
DTPとはデスクトップパブリッシングのことで、卓上出版を意味しています。DTPデザイナーは冊子やフリーペーパーなどにおけるデザインやレイアウトの割付を行います。主にPhotoshop、Illustratorなどのツールを使用し、クライアントから提供される写真、イラスト、文字などのデータを用いてレイアウト・デザインを考えます。これに対し、DTPオペレーターはDTPデザイナーが作成したレイアウト・デザインを元に、QuarkxpressやInDesignなどのツールを用いて修正・加工を行います。DTPデザイナーが、いかにユーザの目につくデザインを考えるかという立場だとすると、DTPオペレーターはいかに早く効率的にデータを作成し、印刷物を完成させるか、という立場だといえるでしょう。
また、同じような職種にグラフィックデザイナーがあります。冊子、フリーペーパー等のデザインをするのがDTPデザイナーで、雑誌、カタログ、チラシなどにおいて、ユーザの目にとまりやすく、読みやすい・見やすいデザインを考える職種がグラフィックデザイナーです。しかし、業界内では明確な区別があまりなく、求人・案件によって違う場合があります。

正社員のDTPデザイナー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。DTPデザイナーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Blenderの募集案件 InDesignの募集求人・案件 Zbrushの求人・案件

派遣求人の特集を見る
アートディレクターの派遣求人 アニメーターの派遣求人 HTMLコーダーの派遣求人

DTPデザイナーについて詳しく知る
DTPデザイナーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る