Q

DTPオペレーターになるはどのようなスキルを身につければ良いでしょうか?

A

DTPオペレーターは雑誌やチラシなど紙の印刷物の入稿用データを作るのが主な仕事内容です。DTPソフトのInDesignやQuarkXPress、写真補正・画像加工するためのPhotoshop、ロゴやイラスト制作、ポスターのデザインなどに使うIllustratorなどが、スキルとして必要になります。

テクニカルカウンセラー 渡邉 将弘

詳しい解説はこちら

目次

1. DTPオペレーターとは
2. DTPオペレーターになるためは何を身につければいいの?
3. DTPオペレーターになるための勉強
 

1. DTPオペレーターとは

デザイン案をもとに印刷物のデータ作成をする仕事

DTPオペレーターは、デザイナーやディレクターの指示に基づいて、印刷物を作成する仕事です。扱う印刷物は、書籍や雑誌、チラシなど多岐に渡ります。

似た名前の職種に「DTPデザイナー」がありますが、「DTPデザイナー」がデザイン構成やレイアウトを行うのに対し、DTPオペレーターは、画像のレタッチやフォントの調整、用意されたラフデザインの仕上げといった補助を行うのが特徴です。

基本的には「指示通りにデータを作成する」のが業務ですが、実際にはデザイン案を見ながら色や書体、レイアウトを細かく調整する必要があり、経験や実力が問われます。納品したデータが印刷物として世の中に出回ることで、大きなやりがいを感じられるでしょう。

DTPオペレーターのおもな就業先は、印刷会社や出版社、デザイン事務所、広告代理店などです。
オペレーション作業が主であるため、アルバイトや派遣社員の求人も多くあります。
DTPオペレーターとして現場でアルバイトをしながらキャリアアップを目指すデザイナー志望者もいます。
 

DTPオペレーターの仕事内容

それでは、実際の仕事内容についてみていきましょう。
 

打ち合わせ、ミーティング

DTPオペレーターの仕事は、デザイナーやコピーライター、ディレクターと連携して進めます。
案件ごとのスケジュール調整やコンセプト、進捗管理などを共有するため、ミーティングは欠かせません。
 

ひな形作成、ラフデザインの仕上げ

用意されたラフデザインをもとにひな形を作成します。ラフデザインの完成度はデザイナーによってバラバラですが、できる限りスピード感を持って、かつ正確に作業することが求められます。
 

原稿の流し込み

原稿データの入力作業です。誤字脱字のないよう注意を払います。
 

レイアウトの調整

原稿の体裁を整えたり、画像のレタッチやサイズ変更を行ったりする作業です。
クライアントから渡された画像に問題がある場合は、データの修正を行うこともあります。
 

校正

校正担当者によるチェックを受けながら校正と修正を繰り返し、完了したら納品です。
 

2. DTPオペレーターになるためは何を身につければいいの?

DTPオペレーターに求められるスキル、経験

DTPオペレーターを目指すにあたって、まずは現場で求められるスキルについて知っておく必要があります。DTPオペレーターに求められる主なスキルは以下の3つです。
 

各種ツールのスキル、実務経験

まずは、データ作成に使う各種ツールのスキルが必要です。

DTPソフトのInDesignやQuarkXPress、写真補正・画像加工するためのPhotoshop、ロゴやイラスト制作、ポスターのデザインなどに使うIllustratorなどが、スキルとして必要になります。

多くの場合、DTPにはInDesignやQuarkXPressといったDTPソフトが用いられるため、それらを用いて入稿用のデータを作成できる程度のスキルが求められます。また、写真の補正や画像の加工にはPhotoshopが欠かせず、DTP業務を行う上で欠かせないスキルといえるでしょう。

そのほか、ロゴやイラスト制作にはIllustratorが用いられることが多く、またポスターやチラシなどの1枚もの、パンフレットや小冊子などのページ数の少ない印刷物のデザインもIllustratorで行うケースがあるため、スキルがあれば活用の機会もあるでしょう。
 

デザインの知識

指示通りにデータを作成するとはいえ、ラフデザインの仕上げを行ったり、間違いを発見したりするためには、デザインの知識が不可欠です。
 

仕事のスピードと正確性

DTPオペレーターの業務では、作業の早さと正確性が問われます。納期を厳守し、かつ一切ミスのないデータを納品する必要があるため、ひとつひとつの作業を正確に素早く行わなければなりません。
 

DTPオペレーターに向いているのはこんな人

それでは、どのような人がDTPオペレーターに向いているのでしょうか。
以下で適性をチェックしてみましょう。
 

細かい作業の繰り返しでも集中して取り組める人

DTPオペレーターの業務では、レイアウトや画像の調整といった細かい作業を繰り返します。そのため、「細かい作業の繰り返しが苦にならない」という人はDTPオペレーターに向いています。
 

体力的、精神的にタフな人

納期は厳守するのが鉄則であるため、時には休日出勤や残業を行う必要も出てきます。「追い込まれても力を発揮できる精神力」や、「激務に対応できる体力」がある方はDTPオペレーターの適性があると言えるでしょう。
 

3. DTPオペレーターになるための勉強

学校やスクールに通うのが一般的。アルバイトとして現場で学ぶ手も。

DTPオペレーターの勉強は、以下のような方法で行う方が多いようです。
 

専門学校やスクールで学ぶ

DTPオペレーターのスキルは、専門の教育機関で学ぶのが一般的です。
書籍や学習サイトを使って独学で学ぶことも可能ですが、現場で使えるスキルや知識をまんべんなく習得できるという点で、専門学校やスクールが選ばれる傾向にあります。
 

現場で働きながら勉強する

一定のスキルや知識を習得していることが前提とはなりますが、「現場で働きながらスキルアップを目指す」という選択肢もあります。
アルバイトの求人・案件が多いDTPオペレーター。実際に印刷会社や出版社に勤務することで、現場の空気感や業務の流れを掴んだり、ノウハウを習得したりすることができるでしょう。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報