新型コロナウィルスの感染拡大防止にあたりご確認ください

新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、一定期間はお電話でのカウンセリングをご案内させていただきます。
みなさまの安全に配慮し、発熱や風邪の症状がある、海外渡航歴がある場合にも、電話カウンセリングをお願いしております。それ以外の方でも、交通機関での移動にご不安を感じられる方は同様に電話カウンセリングも可能でございます。一人一人に合った支援をさせていただきますので、ご希望がございましたら登録後カウンセリングに進む際にお申し付けください。

Q

DTPオペレーターに必要なスキルには、どのようなものがありますか?

A

DTPオペレーターの求人・案件では、Photoshop/Illustrator/InDesignといった画像編集ソフトを使いこなすスキルが求められます。また、他職種の人たちと協力しながら作業を進めるので、高いコミュニケーション力も要するでしょう。

企業担当 鴨下 亜梨沙

詳しい解説はこちら

目次

1. DTPオペレーターとは
2. DTPオペレーターに求められるスキル
3. DTPオペレーターになる方法

 

1. DTPオペレーターとは

まずは、DTPオペレーターの役割について見ていきましょう。

 

仕事内容

DTP(Desktop Publishing、卓上出版)とは、原稿データを編集・加工し、出力して印刷物に仕上げること。DTPオペレーターは、すでに出来上がったデザイン原案をもとに、印刷物データを作成する職種です。広告代理店や印刷会社、デザイン事務所などで活躍しています。

かつての印刷物制作では、版下作成や製版、プリントといった各工程を専任スタッフが担っていました。しかし、パソコンでの作業が主流になった現在は、DTPオペレーター1人でこれらのプロセスに対応できるようになっています。デザインフォーマットの作成、データ入力、DTPルールに基づいたレイアウトが主な作業内容です。
 

DTPデザイナーとはどう違うか

DTPオペレーターと名称が似ている職種に、DTPデザイナーがあります。両職種の大きな違いは、デザインを行うか否かです。DTPデザイナーは、広告やチラシなどをデザインします。それに対しDTPオペレーターの主たる役割は、DTPデザイナーが手がけたデザインをもとにデータを作ることです。

とはいえ、DTPオペレーター・DTPデザイナーともに、担当する作業内容は求人・案件により少しずつ異なります。DTPオペレーターがデザインに携わる、というケースも時にはあるでしょう。求人・案件に応じる際は、作業内容をよく確認してミスマッチを事前に防ぐことが大切です。
 

2. DTPオペレーターに求められるスキル

DTPオペレーターとして働くにあたっては、どのようなスキル要求されるのでしょうか。ここでは、ソフトウェアの活用力とコミュニケーション力を取り上げて解説します。

 

画像編集ソフトの活用力

DTPオペレーターには、この業界でよく使われる画像編集ソフトのスキルが必要です。技能をすでにお持ちの方であれば、作業をスムーズにこなすことができるでしょう。主なソフトは、以下の通りです。
 

Photoshop

Photoshopは、写真編集によく使われるソフトです。歪みを補正したり、不要物を除去したりして、思い描いた通りの見栄えに加工することができます。写真に留まらず、Webページ・バナーのデザイン、イラスト作成といった用途にも活用されるのが特色です。

Illustrator

Illustratorは、イラストやアイコン、ロゴ、図などの作成に適したソフト。質感や色味の調整に長けたPhotoshopに対し、線や明瞭な色彩を活かしたイラストを描くのに適しているのがポイントです。Photoshopとの互換性にも優れています。
 

InDesign

InDesignは、DTPレイアウトにおいて業界標準となっているツールです。パンフレットやポスター、チラシなどあらゆるもののデザインが可能ですが、書籍のようにページ数の多い印刷物によく用いられる傾向があります。
 

コミュニケーション力

DTPオペレーターは、ディレクターやデザイナー、カメラマンらさまざまな職種の人たちと一緒に働きます。そのため、コミュニケーション力もDTPオペレーターにとって重要なスキルになるでしょう。DTPデザイナーの意図を正確に聞き出すヒアリング力、疑問点を解消する質問力も、コミュニケーションスキルの内に含まれます。
 

3. DTPオペレーターになる方法

最後はDTPオペレーターの適性と目指し方についてです。上で説明したスキル内容と併せて、DTPオペレーターの求人・案件に応募する時の参考にしてみてください。

 

DTPオペレーターの適性

単純作業をコツコツと続けるので、集中力を持続できる方に向いているでしょう。出版業界では大量の印刷を行うことから、ミスがあれば刷り直しに多大な経費がかかってしまいます。誤字脱字はもちろん、画像の配置ずれ、フォント違いなど、細かいミスを見逃さないためにも、集中力が大事になるのです。
 

DTPオペレーターを目指すには

DTPオペレーターになるには、先に紹介した画像編集ソフトの技能を身につける必要があります。スキルに自信がない方は、スクールで学ぶのも一つの手です。高度な技術を獲得すれば、高単価の求人・案件も狙えるでしょう。

※本記事は2019年10月時点の情報を基に執筆しております。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報