Q

デザイナーが独学でデザインを学ぶときに参考になるサイトを教えてください。

A

Webデザイン、グラフィックデザインを独学で身につけるためには、どのようなサイトが有効なのでしょうか?ここではクリエイター御用達の情報サイトをご紹介します。

テクニカルカウンセラー 高橋 亜矢

詳しい解説はこちら

Webデザイナーの独学向けサイト5選

Webデザイナーとなるためには、IllustratorやPhotoshopをはじめ、Fireworks、Dreamweaverなどのスキルが必要となります。またスクールに通ったり、時には独学で知識を深めていく事も大切です。独学でWebデザインを学びたい方は次のようなサイトを活用する事で、より効果的に知識を身につけられるでしょう。

・「Adobe TV
Adobeが提供しているPhotoshopやIllustratorの使い方を学習できるサイトです。基本的なツールの使い方を身につけたい方に適しています。

・「SkillHub
フリーランス、起業を目指す人へ向けたオンラインスクール。デザインをはじめ、企画やプログラミング、マーケティングなど基礎的なスキルを身につける事ができます。

・「Schoo
生放送形式の授業が受けられる動画サイト。Web業界で著名なデザイナー、プログラマーによる講義もあります。

・「Codecademy
実際にコーディングしながら学習できるので、基礎からしっかり身につけたい方に向いています。

・「Web Design Recipes
Webデザインに関する記事や書籍などの読み物サイト。スキマ時間の情報収集に適しています。

グラフィックデザインの独学向けサイト

グラフィックデザインを学ぶためには、Illustrator・Photoshopの基礎的な知識が求められます。また資格としては、公益法人日本印刷業技術協会が主催している「DTPエキスパート認証試験」を所持しておくのもよいでしょう。また、以下のようなサイトを参考に独学すのもよいでしょう。

・「HUE/360
Webの色見本サイト。カラーコードを確認したり、色の見比べに便利な事が特徴です。

・「ferret
Webマーケティング中心の情報サイト。情報グラフィック系の記事をはじめ、マーケティング系の情報収集に役立ちます。

デザイン関係のツールやソフトが充実している今、グラフィックデザインを学ぶ手段も豊富になりつつあります。有益な情報サイトを活用しながら、着実にスキルを身につけていきましょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報