Q

アニメーターになるための勉強法にはどのようなものがありますか

A

アニメーターになるための勉強法には、専門学校に通って体系的に学ぶ方法や、独学でさまざまなスキルを身に着けていく方法などがあります。

テクニカルカウンセラー 渡邉 将弘

詳しい解説はこちら

アニメーターに必要な勉強と、その勉強法

CGアニメーションやゲームは、企画・シナリオ・CG・音楽・プログラミングなど、マルチなメディアが融合して生まれる総合作品です。ここでは、アニメーターに必要な勉強の内容を、使用するツールなども交えてまとめてみました。

■学校に通って勉強する

アニメーターに必要な勉強は、アニメーションの専門学校やゲーム・CG分野専攻があるコンピューター専門学校でも学べます。学校ではPhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトも使用しながら、キャラクターデザイン・CG・アニメーション・Webページ制作技術など、幅広く習得できます。Webサイトの作成力と、そこで使うアニメーションやCG両方の作成力を兼ね備えていることが、アニメーターとして有益といえるでしょう。

■独学で勉強する

アニメーターには資格が必要ではないため、独学でも学ぶことは可能です。デッサン関連の参考書を読むことや、目で見たものを描く、ということの繰り返しで絵の知識や画力、表現力は磨かれていくでしょう。また、解剖学的構造やパースの基礎などのに関して勉強しておくのも、より人間らしいの骨格や奥行きなどを学べ、アニメーターとしての幅が広がるでしょう。また、動画・画像の編集ソフトやアニメーション作成ツールなどを使用し、実際にアニメーションを作成してみることで、作成に必要なITの基礎から応用まで、さまざまなスキルを身につけられるというメリットがあります。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報