Q

アニメーターに必要なスキルについて教えてください

A

作品によってさまざまな絵を描くため、photoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトの技術や、柔軟な画力やセンス、作業スピードといったスキルが必要とされます。

企業担当 粕谷 里紗

詳しい解説はこちら

アニメーターとして必要あるいは持っているとよいスキル

アニメーターは、ゲームなどのキャラクターや背景のデザイン、モーション、シーン演出、エフェクト制作といった制作業務全般を行います。ここでは、アニメーターにとって必要なスキルをまとめてみました。

■PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトのスキル

CGなどのデジタル技術が発達した現在、ゲームの作成にはコンピューターを使用する方法が一般的となりました。そのため、画像の加工や合成がスムーズに行える上、多彩な描画機能を備えているPhotoshopや、Webデザインに特化した機能も備えているIllustratorといったツールの使用スキルを持っていると、アニメーターにとって強みとなるでしょう。

■画力

作品によって毎回テイストの異なる絵を描くため、柔軟な表現力のある画力や、センスなどを必要とされます。画力を上げるためには、平面に立体物を描き起こすデッサン力や、背景や構図を作るレイアウトやパースに関する理解が必要となるでしょう。デッサン関連の書籍も出ており、画力は独学で向上させることもできます。また、学校に通うという選択肢もあり、アニメーションの専門学校や美術系大学などが挙げられます。

■作業スピード

アニメーションには絵の枚数が多い作品もあるため、指示された絵を的確に描くとともに、スピードも求められます。絵の構造を理解、普段からさまざまな絵を幅広く描くことでスピードは向上していくでしょう。また、日常生活の中で見たものを頭の中に定着させて、それを描くというインプット・アウトプットをスムーズに行えるようになると、作業ロスも少なくなるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報