Q

アニメーター向けの資格や検定にはどのようなものがありますか

A

アニメーターの専門的なスキルや知識を高める検定があります。ここではCGに特化した検定や、色彩に関する検定についてご紹介します。

企業担当 加藤大貴

詳しい解説はこちら

アニメーターの知識やスキルが身につく検定

アニメーターになるために必要な特定の資格や検定はありません。ですが、知識や技術を習得することがより良い作品の創出に繋がるでしょう。画力を磨いたり、実践でスキルを高めたりするほかに、資格や検定を取得する方法もあります。ここでは、専門的な技術や知識の習得に役立つ検定をまとめました。

■CGクリエイター検定

アニメーションや映画、ゲームといったCG映像の制作における表現方法、理論などが求められます。CGやデザインの基礎的なスキルを測る「CGクリエイター検定・ベーシック」と、CGや映像制作に関する専門的な知識、応用力を知る「CGクリエイター検定・エキスパート」の2種類を展開しています。

■CGエンジニア検定

CG技術の基本的な理解、プログラミングなどの知識に関する能力を測る検定です。ソフトウェアやハードウェア、システムの開発ができるスキルが求められています。基礎知識の理解を測る「CGエンジニア検定ベーシック」と、専門的な知識の理解と、応用力を測る「CGエンジニア検定エキスパート」の2種類を実施。CG理論や画像処理、表現方法など、幅広い範囲から出題されます。

■色彩士検定

色彩に関する基礎的な知識と技能、応用力が求められる検定です。3級、2級、1級に分かれ、それぞれ理論と演習・実技問題によって構成されています。色のなりたちや混色、心理効果など基礎知識から、色の文化、歴史、テーマに沿ったイメージコンセプトのビジュアル表現まで、バランスのとれた能力が必要です。合格者には「色彩士・カラーマスター」の称号が与えられます。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報