Q

UIデザイナーに必要なスキルを教えてください。

A

UIデザイナーは、ユーザーの立場に立って考える姿勢やコミュニケーションスキルが必要です。技術面においては、PhotoshopやIllustrator、Sketchといったツールのスキルが求められます。

テクニカルカウンセラー 高橋 亜矢

詳しい解説はこちら

目次

1. UIデザイナーに必要なヒューマンスキル
2. UIデザイナーに必要な技術面のスキル
3. 未経験からUIデザイナーになるには

 

1. UIデザイナーに必要なヒューマンスキル

Webサイトやアプリなどを作るにあたって、ユーザーの立場に立って考える姿勢やコミュニケーションスキルが求められます。

 

ユーザーの立場に立って考える姿勢

UIデザイナーは、「ユーザーが不便を感じそうなところはないか」「快適に使ってもらうためにどんな工夫をしたらよいか」を考える必要があります。

たとえばファッション系のECサイトを作る際、単に衣服の画像を羅列するだけでは、「秋物を探しているのに、なかなか見つからない」「このサイトでは子供服は扱っていないのかも」などとユーザーを困惑させてしまうでしょう。

ユーザーがストレスなく求めている情報にたどりつけるよう、カテゴリー別にリンクを設けるなど工夫を凝らすことが求められます。
 

コミュニケーションスキル

ディレクター、エンジニアといったプロジェクトメンバーやクライアントに自分のアイデアを受け入れてもらうためには、根拠を明確にし、要点をまとめて伝えることが大切です。

自分の意見を論理的に伝えるだけでなく、相手の意見に傾聴し、課題解決のために柔軟に対応することも必要です。疑問点は状況に応じて質問し、共通認識を図ることがプロジェクトを円滑に進めるためのポイントとなるでしょう。
 

2. UIデザイナーに必要な技術面のスキル

技術面においては、PhotoshopやIllustrator、Sketchのスキルが必要です。

 

Photoshop

Photoshopは、写真の加工・修正やイラスト作成を行うツールです。Photoshopで作成した文字や図形は、Webサイトやアプリではアイコン、ボタンなどに活用できます。

UIデザイナーの正社員求人では、基本的にPhotoshopのスキルが求められます。書籍やツールの使い方を紹介するWebサイトなどを活用して、事前に基礎を身につけておきましょう。
 

Illustrator

Illustratorは、ポスターやチラシ、地図、名刺のロゴなどを作るツールです。先述したPhotoshopのイラスト作成では手書き風のタッチになりますが、Illustratorでは線や色をくっきりさせられます。

UIデザイナーはIllustratorのスキルも基本的に必要となるため、事前に習得しておくことが大切です。
 

Sketch

Sketchは、WebサイトやモバイルアプリのUIデザインに特化したツールです。動作が軽い、操作がシンプルといった特徴を持ちます。

画像の編集はPhotoshop、文字・図形を使ったアイコンの作成はIllustrator、PhotoshopとIllustratorで作った素材によるデザインはSketchというように、目的に応じてツールを使い分けるのも一つの方法です。

Sketchのスキルを求めるかは企業によって異なりますが、IPhotoshopやIllustratorと合わせて習得しておくと、求人の選択肢を増やせると考えられます。
 

3. 未経験からUIデザイナーになるには

未経験から正社員のUIデザイナーを目指すなら、まずは派遣社員・契約社員として働くか、Webデザイナーからのキャリアアップを図りましょう。

 

派遣社員や契約社員として経験を積んでから目指す

UIデザイナーの正社員求人では基本的に実務経験が求められるため、まずは派遣社員や契約社員として経験を積むのも一つの手です。

正社員登用制度がある企業では、勤務状況や企業への貢献度によっては派遣社員・契約社員から正社員になれる可能性もあります。単に経験を積めばよいというわけではなく、+αのスキルや成果が求められるということを念頭に置きましょう。

契約社員・派遣社員の実務経験を活かしてほかの企業に就職する際は、主体的に取り組んだ姿勢や成果をアピールすることが大切です。
 

Webデザイナーからキャリアアップする

まずはWebデザイナーとして就職し、経験を積んでからUIデザイナーへのキャリアアップを図るのも一つの方法。Webデザイナーの場合、正社員求人の中には未経験OKのものがあるからです。

未経験OKのWebデザイナーの求人では、歓迎スキルとしてPhotoshopやIllustratorを挙げている場合があります。事前に書籍やWebサイトで基礎を身につけておくと、就職活動の際にアピール材料となるほか、入社後も業務をスムーズに進められると考えられます。

※本記事は2019年9月時点の情報を基に執筆しております。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報