Q

グラフィックデザイナーに必要なスキルについて教えてください

A

グラフィックデザイナーには、アプリケーションの使用スキル・デザイン全般の知識・良いデザインを見極めるセンスなどを習得していることが重要といえます。

企業担当 加藤大貴

詳しい解説はこちら

グラフィックデザイナーに必要なスキル

■アプリケーションの使用スキル

グラフィックデザイナーには、Illustrator・Photoshopなどのアプリケーションを操作するための基本的な知識・スキルが求められます。これらのアプリケーションの使用により、正確性の高いデータやレイアウトの作成が行えるでしょう。

■デザイン能力

グラフィックデザイナーは、広告やパッケージ、Webサイト、スマートフォンのアプリをデザインするため、写真やフォント、レイアウトや配色といったデザイン知識が必要となってきます。書体・フォントに関しては、まずどのような書体・フォントが存在しているかという知識も重要でしょう。レイアウトは、グラフィックデザインにおいて基本的なスキルの1つのため、見る人の視線誘導を意識したレイアウトスキルが求められるでしょう。レイアウトを行う前に、伝える情報を分類し、いかに伝わりやすく設計するのか、ということがポイントといえます。

■センス

グラフィックデザイナーには、依頼されたコンテンツ全体の構図や写真や文字のデザイン、配置や配色をまとめあげる美的センスも重要と考えられます。センスを磨くためには、より良いものやクオリティの高いもの、歴史的に評価され、今なお存在しているものなど、業界やジャンルは問わず良いと感じるもの、評価されているものなどを探し、自分の目で見て判断することが大切といえます。これらのことから、センスは自分の知識と経験から培われるといえるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報