クリエイティブディレクター の求人・案件一覧

クリエイティブディレクターとは

クリエイティブディレクターは、プロジェクトの責任者として、企画から制作に至るまでの全プロセスを統括する役割を担っています。求人・案件によっては、アートディレクターの上位に位置づけられている場合もあります。現場の最前線にあって、プロモーションを主導する役割のため、プロジェクト全体を俯瞰する力が要求されます。また、プロジェクトのクオリティは、制作コンセプトやマーケット動向に対する敏感さに左右されるので、トレンドや消費者ニーズを掴む感性や発想力も要求されます。チームメンバーが高いパフォーマンスを発揮できるよう、チーム全体をまとめる管理能力も必須のスキルです。求人・案件によっては、クライアントとの打ち合わせにも積極的に関わることになるので、交渉力も備えておくとよいでしょう。ステークホルダーとの信頼関係がプロジェクト成功の鍵となることも多いです。クリエイティブディレクターとしての経験値を増やしたい方は、派遣社員や契約社員として募集をかけている求人・案件もおすすめです。

クリエイティブディレクターについて

クリエイティブディレクターは、広告戦略などにおいて、立案・企画から制作に至るまでの指揮を執る総責任者です。クライアントからの依頼を受けて、広告のコンセプトやプロモーションの展開などのディレクションをトータルで行います。さらに、コピーライターやデザイナーなどのスタッフを統括して、チーム全体を牽引することも重要な任務です。企業イメージや商品・サービスなどをアピールするため、テレビCMや雑誌・新聞の広告、イベントを用いてプロモーションを行っていきます。
クリエイティブディレクターとして活躍するためには、まずディレクション能力が必須です。プロジェクト全体をスムーズに進行させるために、チームスタッフの管理やスケジュールの調整、さらには使用する制作物のデザインなどの詳細に至るまで、全体的なディレクションを行わなければなりません。また、クライアントの要望や意図を汲み取るための理解力や、社内外の関係者とのコミュニケーションスキルも必須です。あらゆる広告物を手掛けるための豊富な知識やオリジナルの発想力、流行やトレンドなどに対しても敏感にキャッチすることが求められます。
クリエイティブディレクターは、広告代理店などでデザイナーやコピーライターなどで活躍した後になるのが一般的です。イラストレーターやコピーライターなど、様々な専門スタッフを取りまとめるため、広告に関する幅広い分野の知識に精通し、多くの経験を積むことが大切です。近年はインターネット広告も多く、企業の広告活動も多種多様なため、クリエイティブディレクターへのニーズは高まってきており、求人・案件も豊富にあります。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。
求人・案件は職種やデザインツールなどでお探しいただけます。当サイトの職種図鑑にて職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、派遣求人に関する詳細な情報は派遣求人特集にて解説しています。
フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアをご利用ください。転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
正社員のクリエイティブディレクター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。クリエイティブディレクターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Zbrushの募集案件 ゲームプロデューサーの募集求人・案件 CINEMA4Dの求人・案件

派遣求人の特集を見る
イラストレーターの派遣求人 グラフィックデザイナーの派遣求人 キャラクターデザイナーの派遣求人

クリエイティブディレクターについて詳しく知る
クリエイティブディレクターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る