アートディレクター の求人・案件一覧

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

アートディレクターとは

アートディレクターはデザイン関連のディレクションを行うポジションで、デザインを行う中心的な存在として、Web業界やゲーム業界で活躍しています。アートディレクターはクライアントや自社プロデューサーと打ち合わせを重ね、プロジェクトの方向性を考慮した上でデザインのコンセプト制作を行ったり、デザイナーとともに統一感のあるサービスや製品へと仕上げていきます。アートディレクターには、クリエーターとしてのセンスや、フォント、色彩、写真、映像に関する幅広い知識が必要です。デザイナーの上位的職種であり、デザインの方向性とその後のデザインマネジメントも行います。求人・案件ではディレクションやマネジメントの要素を含む業務が多いため、ビジネス力や交渉力、コミュニケーション力も必要です。当サイトではフリーランスだけでなく、派遣のアートディレクターをお考えの方にもマッチする求人・案件があり、東京エリアではゲーム関連に携わる求人・案件が多数あります。ご自身のスキルや将来性にマッチする求人・案件を探しませんか。

アートディレクターについて

アートディレクターは、Webサイトをはじめ雑誌や装丁・広告などの制作において、ビジュアルに関する責任者として活躍する職種です。
業務の一連の流れとして、まずクライアントや編集者・プロデューサーなどと方向性の打ち合わせを行いビジュアル表現を考えた後、それをコピーライターやカメラマン・デザイナー・イラストレーターなどに伝達し、制作物を依頼します。カメラ撮りなどは撮影現場に立ち会うこともあります。その後、各担当者が制作したものを組み合わせながら、ひとつの作品として仕上げていきます。
アートディレクターの業務はディレクションやマネジメントが主になるため、一部作品を自分で制作するアートディレクターも存在しますが、多くの場合は作品を自分で制作することはありません。
アートディレクターになるには、デザイナーとして自ら手を動かす経験を積んでからステップアップするのがよいでしょう。自身で作品を制作することはあまりないため、管理職と同じスタンスで考えられることも多くあります。しかし、デザイナーやカメラマンなどが制作する作品を打ち合わせの段階で想定できる能力や、何よりもデザインに関する多種多様な知識を求めらるため、豊富なデザイン経験無くしてアートディレクターを務めるのは難しいかもしれません。
また、クライアントや編集者などと打ち合わせや交渉などを行ったり、各デザイナーにコンセプトを確実に伝えたりするための、高度なコミュニケーション能力も求められます。
正社員のアートディレクター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。アートディレクターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
InDesignの求人・案件 Fireworksの募集案件 Zbrushの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
Webディレクターの派遣求人 アニメーターの派遣求人 ゲームプランナーの派遣求人

アートディレクターについて詳しく知る
アートディレクターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る