アートディレクター の求人・案件一覧

アートディレクターとは

アートディレクターはデザイン関連のディレクションを行うポジションで、デザインを行う中心的な存在として、Web業界やゲーム業界で活躍しています。クライアントや自社プロデューサーと打ち合わせを重ね、プロジェクトの方向性を考慮した上でデザインのコンセプト制作を行ったり、デザイナーとともに統一感のあるサービスや製品へと仕上げていきます。アートディレクターには、クリエーターとしてのセンスや、フォント、色彩、写真、映像に関する幅広い知識が必要です。デザイナーの上位的職種であり、デザインの方向性とその後のデザインマネジメントも行います。ディレクションやマネジメントの要素を含む業務が多いため、ビジネス力や交渉力、コミュニケーション力も必要です。当サイトではフリーランスだけでなく、派遣のアートディレクターをお考えの方にもマッチする求人・案件があり、東京エリアではゲーム関連に携わる求人・案件が多数あります。ご自身のスキルや将来性にマッチする求人・案件を探しませんか。

アートディレクターについて

アートディレクターは、Webサイトをはじめ雑誌や装丁・広告などの制作において、ビジュアルに関する責任者として活躍する職種です。
業務の一連の流れとして、まずクライアントや編集者・プロデューサーなどと方向性の打ち合わせを行いビジュアル表現を考えた後、それをコピーライターやカメラマン・デザイナー・イラストレーターなどに伝達し、制作物を依頼します。カメラ撮りなどは撮影現場に立ち会うこともあります。その後、各担当者が制作したものを組み合わせながら、ひとつの作品として仕上げていきます。
アートディレクターの業務はディレクションやマネジメントが主になるため、一部作品を自分で制作するアートディレクターも存在しますが、多くの場合は作品を自分で制作することはありません。
アートディレクターになるには、デザイナーとして自ら手を動かす経験を積んでからステップアップするのがよいでしょう。自身で作品を制作することはあまりないため、管理職と同じスタンスで考えられることも多くあります。しかし、デザイナーやカメラマンなどが制作する作品を打ち合わせの段階で想定できる能力や、何よりもデザインに関する多種多様な知識を求めらるため、豊富なデザイン経験無くしてアートディレクターを務めるのは難しいかもしれません。
また、クライアントや編集者などと打ち合わせや交渉などを行ったり、各デザイナーにコンセプトを確実に伝えたりするための、高度なコミュニケーション能力も求められます。
正社員のアートディレクター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。アートディレクターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
InDesignの求人・案件 Fireworksの募集案件 Zbrushの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
Webディレクターの派遣求人 アニメーターの派遣求人 ゲームプランナーの派遣求人

アートディレクターについて詳しく知る
アートディレクターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る