Webプロデューサー の求人・案件一覧

Webプロデューサーとは

Webサービスはコンセプトの策定から始まり、サイト設計やビジュアルデザインなど様々なプロセスを経て完成を迎えます。プロジェクトの規模が大きくなれば業務も分割される上、多彩なスキルを持つメンバーが必要となります。Webプロデューサーとは、そのように複雑なWebサービスプロジェクトにおいて、企画から運用、プロモーションまでを取りまとめる職種です。サービスの方向性、予算や納期などプロジェクトの外枠を形作った後に、最適なメンバーをアサインしてチームを編成します。プロジェクトを始動へと導いた後も、現場と緊密に連携を取りながら、進捗管理や各部署の統括を行います。Webプロデューサーの募集では、マーケティングや法律など広範な知識が必要とされる他、クライアントとの交渉も多いため、コミュニケーション能力も重要です。派遣でWebプロデューサーとして参画できる求人・案件もあり、スキルを磨くには最適です。Webプロデューサーの実力がつけば、業務委託で自身のスキルをフルに発揮する道もあります。

Webプロデューサーについて

Webプロデューサーの役割は、同じ肩書でも企業や業界によって異なります。
インターネット系の広告代理店やWebコンサル系の会社の求人・案件の場合、Webプロデューサーは営業的なスタンスとなります。取引先企業においてプロジェクト内容のヒアリングを行い、ヒアリング結果をもとにした企画書の制作およびディレクターやデザイナー・システムエンジニアなどのチーム編成を行います。キャンペーンや施策など商品のプロモーションに関係するサイトの製作依頼が多い広告代理店系は、プロジェクトは販促したい商品を単位として扱われます。
Webコンサル系の求人・案件の場合は、ビジネスの方向性を示すプロジェクトの一つとしてコーポレートサイトを制作するプロジェクトが多い傾向にあります。
ポータルサイトを運営する際には、Webプロデューサーはコンテンツの管理者として位置づけされる場合が多くなります。この場合、スポンサーやコンテンツ提供者との交渉にあたりながら、サイトの管理・運営を行います。
Webプロデューサーになるには、制作に関する専門的な知識よりも人員やプロジェクトをまとめるための総合力の方が重要視されます。クライアントとの折衝やコミュニケーション能力、マネジメントスキル、プロジェクトに関わる人材のコーディネート能力が求められます。また、クライアントの売上などに深く関係することなどから、リスク管理や数値に関する能力も必要です。Webディレクターとして経験を積んでからWebプロデューサーにステップアップするのが一般的とされてますが、近年はコンサルティング系の企業をはじめ、広告代理店やマスコミ系の出身者がWebプロデューサーに転身するケースが増えています。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。
求人・案件は職種やデザインツールなどでお探しいただけます。当サイトの職種図鑑にて職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、派遣求人に関する詳細な情報は派遣求人特集にて解説しています。
フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアをご利用ください。転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
正社員のWebプロデューサー採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。Webプロデューサーの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Zbrushの求人・案件 Shadeの募集案件 ゲームプロデューサーの募集求人・案件

派遣求人の特集を見る
グラフィックデザイナーの派遣求人 HTMLコーダーの派遣求人 キャラクターデザイナーの派遣求人

Webプロデューサーについて詳しく知る
Webプロデューサーの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る