Q

グラフィックデザイナーになるにはどうすればよいのでしょうか。

A

顧客の意図の把握、忍耐強さ、デザインセンス、また、IllustratorやPhotoshopなどの理解は実践で求められるスキルです。さらに常に学びの心を忘れず、常にアンテナをはることも必要です。

企業担当 加藤大貴

詳しい解説はこちら

デザインを用いて情報発信できるエキスパート

グラフィックデザインとは、主にデザインを通じて情報を伝える表現手段のことをさします。ポスター、新聞、雑誌の広告デザイン、パンフレット、書籍や雑誌の表紙のデザイン、店舗の看板まで全てグラフィックデザインがつくりだすものなのです。そして、これらの企画・制作を手掛けるのがグラフィックデザイナーのお仕事です。

◆仕事内容

企画内容、コンセプト、ターゲットなどを把握し、デザイン作成に着手します。プロダクトによっては、イラストレーターやコピーライターなどと協同で制作をすることもあります。

◆センス、忍耐が必要

クライアントの意図を正確に把握し、意思の疎通を図らなければなりません。
万が一、クライアントが気に入らなければ修正をすることになり、時間、手間が余分にかかることもしばしばあります。
忍耐強く、また、研ぎ澄まされたデザインセンスで、クライアントからいかに時間をかけず気に入ってもらえるかが、成功の鍵といえるでしょう。

◆働く環境

働く場所は広告代理店や印刷会社のデザイン部門、デザイン事務所、広告制作会社、プロダクションなど様々です。
雇用形態は正社員や契約社員をはじめ、アルバイトから経験を積んで正社員、契約社員として働く道もあります。それぞれの会社でデザイナーとして経験を積んだ後にフリーとして独立したり、自らデザイン事務所を立ち上げる人もいます。
広告代理店や印刷会社のデザイン部門、デザイン事務所、広告制作会社、プロダクションなど、様々な場所で活躍できるお仕事です。

クライアントに求められるグラフィックデザイナーとは

◆今を感じられるデザイナー

デザインには流行があるため、常に学びの心を忘れず、新しい情報を収集することは必要不可欠です。
そうして蓄積したアイデアを組み合わせ、今に合った新しい発想を創出する力が身につけば、デザイナーとしての実力が認められるでしょう。
デザインにはトレンドがあります。常にデザインやアートの分野に関心があり、アンテナをはっておくこと、アイデアと技術を持っていて形にすることができる能力を持っていることが大事です。

◆コミュニケーションなくしてデザインの具現化はない

グラフィックデザイナーは、クリエイティブな仕事ではありますが、クライアントの求めたものに応じて仕事をするため、いわゆるアーティストとは一線を画します。プロダクトを完成するにあたり、「こういったデザインにしたい」という漠然としたイメージから、徐々に打ち合わせを重ねていき、かたちにしていく作業を行います。
そのとき、いかに相手の意図を汲み取れるか、合致しない部分を解消していくかについては、コミュニケーションが重要なポイントとなります。
大切なことは柔軟性を持ってクライアントに対応しつつ、自らのセンスや感性で個性をアピールすることです。すると情報媒体としてのアート作品が完成し、クライアントやユーザーに喜びを与え、次の仕事にもつながっていきます。

グラフィックデザイナーになるための必須スキル

◆知識、美的センス

PCでの実践的なデザイン技術は、センスも求められます。
グラフィックデザインは、1つのアートでもあり、情報伝達と共に芸術作品性も求められます。広告やパッケージのデザインといっても、全体の構図、写真や文字のデザイン、配置や配色など、数多くの知識、それらを画一化する美的センスが求められます。

◆コミュニケーション力で信頼関係構築

デザインで情報を的確に届けるため、クライアントの意図を理解するコミュニケーションスキルは重要です。
チームで作業する機会が多く、周囲のスタッフに対し、気配りができるような協調性や社交性があるとスムーズに仕事ができるでしょう。
グラフィックデザイナーは、感性とセンスが必須なことはもちろんですが、デザインを論理的に語れる説明能力があれば、自身の強みになります。プレゼンテーションの際、クライアントにアピールし、気持ちを掴むことで、より良い作品が生み出されます。
コンペ形式の現場であれば、特に有利です。
色彩論、文字組、フォントに関する知識のみならず、新聞やTVのニュースを通して、常に社会情勢や世間の動向を把握し、時代の流れを読むことができる視点が備わります。
クライアントの要求に対し、フレキシブルに対応する能力となるでしょう。

◆IllustratorやPhotoshopなどの必要性

AdobeのIllustratorやPhotoshopはほぼどこの職場でも求められるスキルでしょう。その他、Indesignなどの操作スキルも身につけておくと尚良いでしょう。

◆アピールポイントになる資格

・Webデザイナー検定3級
・DTP検定
・CGクリエイター検定
・ウェブデザイン実務士

◆関連した記事はこちら

 

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気の言語の求人・案件情報