Q

ゲーム会社で働くWebデザイナーの仕事内容を教えてください。

A

ゲーム会社のWebデザイナーは、企業サイトや製品サイト、オンラインゲームにおけるWebデザイン制作に携わる職種です。企業によって行う作業は異なるので、求人・案件参画時はよく吟味するようにしましょう。

テクニカルカウンセラー 山下 祐香理

詳しい解説はこちら

Webデザイナーは、サイトの構築を行う職種です

◆Webデザインとは

「Webデザイン」とは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどで表示されるWebサイトのレイアウトおよびデザインを制作する作業を指します。紙媒体とは異なり多様な端末で閲覧されることを前提としているため、Webデザインにおいては端末ごとの表示のされ方にも気を配らなければなりません。このような調整を行うために、WebデザイナーはHTML/CSSなどの知識を有していることが望ましいとされます。

◆基本的なWebデザイナーの作業内容

Webデザイナーはその名称からもわかるように、Webサイトのデザイン作業に携わる職種を指します。コンセプトメイキングや配色・レイアウト、そして実際のデザイン構築などが主な作業内容です。写真の加工や画像処理なども行うため、Illustrator/Photoshopなど画像編集ソフトのスキルが求められる傾向にあります。参画する求人・案件によっては、HTML/CSSを用いたコーディングを担当することもあるようです。
 

ゲーム会社でもWebデザイナーは重要な存在

◆ゲーム会社におけるWebデザイナーの作業内容

Webデザイナーの活躍の場の1つとして、ゲーム会社が挙げられます。ゲーム会社では企業Webサイトはもちろんのこと、ゲームの公式サイトやゲームコンテンツを運営し、積極的に情報配信をしているからです。また、近年はコンシューマーゲームやアーケードゲームなどと共に、オンラインでプレイするゲームが人気を博しています。そうしたオンラインゲームにはWebブラウザが不可欠であるため、Web制作の知識とスキルを持つWebデザイナーはゲーム会社において重要な役割を担う存在であるということができるでしょう。

具体的な作業内容には、パソコンやスマートフォンサイトのデザインとコーディング、待受・バナー・アバターといった各種素材作成、ゲームに実装するグラフィックデータ作成などがあります。求人・案件にもよりますが、ゲームに関するあらゆるプロジェクトにおけるWeb作業を担当するものと考えておきましょう。

◆ゲーム会社のWebデザイナーの将来性

Webデザイナーはクリエイター系の中でもポピュラーな職種であり、求人・案件は多数存在します。中でもゲーム業界のWebデザイナーの求人・案件は、比較的多く見られるようです。そのためゲーム会社の求人・案件に参画したWebデザイナーは、将来性が十分にある職種ということができそうです。今後Webデザイナーとして長く活躍したり、高単価の求人・案件に参画したりしていくためには、プログラミングやマークアップ、UI/UXなどの知見を身につけておくと役に立つでしょう。
 

作業内容や職務範囲をよく吟味して参画することが大切

◆ゲーム会社のWebデザイナーの求人・案件の探し方

ゲーム会社のWebデザイナー募集においては、実際の作業経験が重宝される傾向があります。まずは契約社員などで実務経験を積むのが良い方法です。
Webデザイナーとして求められる役割は、企業ごとに少しずつ違いが見られます。例えば、ゲームの公式サイトや関連サイトのように広告的な部分のデザインに携わる場合もあれば、新作のデザインコンセプト作りなどゲーム開発そのものに関わる場合もあります。求人・案件に応じる際には、ゲーム会社が提示している作業内容と参画する分野が自身の希望に合っているかどうか、よく吟味するようにしましょう。

◆関連した記事はこちら

 

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報