クリエイター職種図鑑27.ゲームデザイナー

ゲームデザイナーの主な仕事内容

ゲームの設計を行う職種であり、業務内容は様々

ゲームデザイナーの仕事はゲームの世界観やストーリー、音楽、システムなどのデザインです。企画立案やシナリオライティング、演出など業務は多岐にわたり、職種ごとに役割が分担されている傾向にあります。キャラクターやアイテム、ストーリーを考えるための想像力や発想力、システム作成に伴うプログラミングスキル、効果音やゲーム音楽作成時に必要なDTMを扱う能力など、それぞれで求められるスキルが異なります。ゲームデザイナーの仕事に就きたいのであれば、自分がどの職種で活躍したいかを決めて、それぞれの職種で求められる専門のスキルを磨くことが大切です。

ゲームデザイナーの求人・案件について

ネット環境が飛躍的に向上したことで、最近ではスマホやPC向けのソーシャルゲームが力を付けてきています。情報サイトに掲載されているゲーム会社の求人・案件においても、ソーシャルゲーム開発をメインとする企業のものが増加傾向にあるようです。ゲームデザイナーも例外ではなく、ソーシャルゲームのキャラクターや背景デザインの作成を行なう求人・案件も多く見受けられます。ゲームのデザインはその人気を決定付ける直接的な要素に結びつきやすいため、多くの求人・案件で、実力を求めていることに加えて、ゲームに対する強い愛着を重視される職業です。

ゲームデザイナーの資格

ゲームデザイナーを名乗るために必要な資格はありません。求人・案件の情報で企業が挙げている条件をクリアできていれば問題はないでしょう。とはいえ、スキルを証明できる資格があると転職の際に有利と言えます。ゲームデザイナーに適した資格としてよく挙げられるのは、マルチメディア検定とCGクリエイター検定です。映像制作、プログラミングなど現場に直結するスキルを問うほか、知的財産権なども網羅しています。海外展開を図る企業への就職を希望する際には、語学力がアピールポイントとなるでしょう。世界各国で実施されている英語能力テスト「TOEIC」は、750点以上でコミュニケーションに十分なスキルを証明できるようです。

ゲームデザイナーになるには

ゲームの登場人物やストーリー、世界観、システムなどを考案するゲームデザイナー。ゲームには家庭用ゲーム機やスマートフォンを使用するソーシャルゲーム、ゲームセンターにあるアーケードゲームなどさまざまあり、ゲームデザイナーはそれぞれの特徴に合わせてデザインします。
ゲームデザイナーになるには、美術系の専門学校や大学、ゲーム・コンピューター系の専門学校などを卒業した後、ゲームソフト会社やゲームメーカーに就職するのが一般的。ゲームデザイナーに必須となる資格はありませんが、実務経験を積みながら専門的な知識を身につけるとともに、開発者などと協力して業務を進めることが大切になります。

ゲームデザイナーの将来性

近年ではスマートフォンやタブレットが普及し、ソーシャルゲームの人気が高まっています。そのため、今後もゲームデザイナーの需要は高いといえるでしょう。
ゲームは流行によって変化し、制作に必要な技術も日々進歩しています。ゲームデザイナーとして活躍するには、新しい情報を常にキャッチしながら業務を進めることが大切になるでしょう。また、今後は海外の会社とも競争が激しくなると予想されるため、実務経験を積む中でスキルを高めていくことが必要になります。
ゲームデザイナーとして経験を積んだ後は、ゲームディレクターやゲームプロデューサーなどにステップアップし活躍する人もいるようです。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。