クリエイター職種図鑑9.ゲームプランナー

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ゲームプランナー案件を提案してもらう

目次

1. ゲームプランナーの主な仕事内容
2. ゲームプランナーの求人・案件について
3. ゲームプランナーの年収
4. ゲームプランナーに必要なスキル
5. ゲームプランナーの資格
6. ゲームプランナーになるには
7. ゲームプランナーに向いている人
8. ゲームプランナーの需要・将来性
9. ゲームプランナーのキャリアパス
10. フリーランスのゲームプランナーとして働くには

1. ゲームプランナーの主な仕事内容

企画立案や仕様書作成など、ゲームの設計に深く関わる

ゲームプランナーとは、ゲームの企画立案をする職種を指します。
ゲームプランナーといっても企画立案だけでなく、全体のシナリオ作成・仕様書作成などのプロジェクト進行や、クオリティチェック・効果測定・改善策の提案といった集計/分析/改善業務と、ゲームプランナーの求人・案件の仕事内容は多岐に渡ります。
また、ゲーム市場の動向やユーザーニーズをはじめ、さまざまな角度から分析しヒットゲームを創りだす役割を担う職種です。
『ゲームの生みの親』とも言えるゲームプランナーの仕事は、制作のサポートをしながら企画から完成まで一連の作業に関わる重要な職種です。

ゲームプランナー案件を提案してもらう

 

2. ゲームプランナーの求人・案件について

ゲームプランナーの求人・案件は「新規でゲームを作る案件」と「ソーシャルゲームを運用する案件」の大きく2つ分けることができます。その中でも、昨今は割合的にはソーシャルゲームの運用を行うゲームプランナーの求人・案件の方が多いのが特徴的です。運用に携わる場合は、数字に対する強さが必要です。データを見て方向性を決めることがあるためこのスキルは大切といえます。
また、ゲームプランナーという職業に就く人たちの働き方には特徴があり、新規でゲームづくりをしたい方は正社員として企業に勤め、運用に力を発揮したい方はフリーランスといった傾向が見受けられます。ゲームプランナーの求人・案件は比較的多く、ご自身にマッチする仕事内容と出会えるでしょう。

ゲームプランナーの求人・案件一覧を見る

 

3. ゲームプランナーの年収

以下の金額は、サイト内の単価診断ツールにて「ブランクなし」での経験年数別の単価目安から算出した、フリーランスのアニメーターの年収目安です。そのため、会社員の給料、年収とは単純比較できない点にご留意ください。 

実務経験に基づく年収の目安(週5日作業の場合) 
・ゲームプランナー(実務経験1年未満 )の年収:300万円(25万円/月) 
・ゲームプランナー(実務経験1年~2年)の年収:384万円(32万円/月) 
・ゲームプランナー(実務経験2年~3年)の年収:468万円(39万円/月) 
・ゲームプランナー(実務経験3年~5年)の年収:540万円(45万円/月) 
・ゲームプランナー(実務経験5年以上 )の年収:720万円(60万円/月) 
※上記の金額は目安であり、実際のお支払い額はご自身の経験/スキルなどにより変動します  

 

4. ゲームプランナーに必要なスキル

ゲームプランナーの業務に求められるスキルとして、プレゼンテーションの際に自身のアイデアや企画、提案を論理的に説明できる情報伝達力です。
また、ゲーム制作においてさまざまな人と関わることも多く、スムーズに業務を遂行するためのコミュニケーション能力と、スケジュール管理に必要な時間管理能力も求められます。
最後にゲームプランナーにとって最も重要なのは「ゲームが好き」「ゲームを作りたい」「ゲームの仕事がしたい」という熱意ではないでしょうか。PCゲームやスマートフォンゲームなどゲーム業界の動向を追い続けることが、ユーザーのニーズにマッチしたヒットゲームを生み出す力となります。

 

5. ゲームプランナーの資格

ゲームプランナーの仕事に資格は必要ありませんが、考えたアイデアがゲームに実装可能かどうかを判断するためのプログラミングを習得すると、仕事に役立てられるでしょう。
また、大学でデザインやコンピュータに関する基礎知識を学んでから、ゲームプランナーの道へ進む人も少なくありません。
専門学校であれば、ゲームプランナーやゲーム企画に特化した学科へ進学し、プランニングやプログラミングなどの技術を学ぶのもゲームプランナーへの近道です。
資格を必要としないゲームプランナーの仕事ですが、常に知識や技術を習得する姿勢を持つことが重要です。

 

6. ゲームプランナーになるには

ゲームプランナーになるために必要な資格はありません。デザイン関連の資格やプログラミングの資格を持っていても、さほど重きは置かれず、それよりも自身が持つアイデアや企画力が求められます。アイデアを企画し、その魅力についてしっかり伝えられるコミュニケーションスキルがあれば、ゲームプランナーとして活躍できるでしょう。常にユーザーを飽きさせない努力として、市場調査や分析で高いアンテナを張っておくこともゲームプランナーとしての成功の秘訣です。プランナーは、デザイナーやプログラマーより比較的取り掛かりやすい職種です。未経験でゲームプランナーになる人も中には居るようです。就職してすぐに活躍したい人は、ゲーム専攻の専門学校で知識習得に励むと良いでしょう。

 

7. ゲームプランナーに向いている人

ゲームプランナーに向いている人の条件として最初に挙げられるのは、ゲームが好きなことです。新しいゲームを生み出したり、改善しながら運用したりするには、「面白いゲームを作りたい」という強い気持ちが大切です。ゲームの流行や最新情報に敏感な人にも職業適性があるといえます。

分析力も、ゲームプランナーとして大切な要素です。特に、ソーシャルゲームを運用する案件では分析力が重要になってきます。ソーシャルゲームの運用では、ユーザー数や課金額に関する「KPI(重要業績評価指標)」を読み解く能力が欠かせません。新規でゲームを作る案件でも、企画段階での市場ニーズや発売後の動向を探る必要があるため、やはり分析力がものを言います。

また、コミュニケーション能力が高い人もゲームプランナーに向いているでしょう。ゲームプランナーには企画の提案や仕様書の伝達などの業務があるため、多くのスタッフと関わる必要があります。プロデューサーに企画の魅力を伝えたり、デザイナーに仕様書の意図を正確に把握してもらったりするためには、積極的にコミュニケーションをとる能力が求められるでしょう。

 

8. ゲームプランナーの需要・将来性

スマートフォンやタブレットの普及によって場所にとらわれずゲームを楽しめるようになった昨今、ゲームプランナーの求人・案件は増加傾向にあります。特にソーシャルゲームの開発現場において今後も需要が高いことが予測されるため、将来性のある職種といえるでしょう。

ゲームプランナーの需要は高いものの、ゲーム業界は競争が激化しているため、活躍し続けるにはスキルアップが欠かせません。近年はVR(バーチャル・リアリティ)を活用したゲーム開発に注目が高まっているように、技術は急速に進歩していることを念頭に置き、最新情報や時代のニーズに目を向けて知識・スキルを身につけることが大切です。

なお、フリーランスのゲームプランナーとして活動する際は、基本的にゲーム開発におけるプランニング・ディレクションの経験が求められます。業務の依頼を受けるにはゲームプランナーとしての実績を示す必要があるため、会社員時代に課題意識を持って実務経験を積むことが大切です。「得意分野は伸ばし、苦手分野は克服する」という姿勢で実務に携わることが、将来性を高めていくためのポイントになるでしょう。

 

9. ゲームプランナーのキャリアパス

ゲームプランナーのキャリアパスには、ゲームディレクターやゲームプロデューサーにキャリアアップするほか、フリーランスとして働くことが例として挙げられます。

ゲームディレクターはゲーム制作の進行管理を担う職種で、ゲームの企画やプログラマー・デザイナーといったクリエイターへの指示などをします。ユーザーの視点に立ってアイデアを考える姿勢や、提案力、統率力などが必要です。

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作現場において予算・スケジュール管理や人員配置、宣伝などを担う立場です。的確な指示を出すスキルや問題解決能力のほか、マネジメントスキルが求められます。

フリーランスのゲームプランナーとして活動するなら、事前の人脈作りが重要です。スキル・経験があったとしても、営業がうまくいかないと安定的に収入を得るのが難しいからです。会社員としてゲーム業界で仕事をする中で、クリエイターや取引先の社員とのつながりを大切にし、独立後に業務を依頼してもらえるチャンスを増やしましょう。人脈を広げるために、ゲーム業界で働く人を対象にしたセミナーや交流会などに参加するのも一つの方法です。

 

10. フリーランスのゲームプランナーとして働くには

ゲームプランナーには、業務委託契約を結んで働くフリーランス(個人事業主)になるという道もあります。フリーランスとして働く上で大切なのは、スキルと人脈を持つことです。スキル面では、企業で企画立案のノウハウを学んだり、プログラミングをはじめとした技術を習得したりすることを通じて、ゲーム制作に関する総合的な知見を身につけると良いでしょう。また人脈面においては、社内の人たちだけでなく、発注先の外部クリエイターとも日頃から良好な関係を築いておくことが望ましいと考えられます。

ゲームプランナーの中には、収入アップや新たな挑戦への意欲からフリーランスを志す方も多くいるようです。フリーランス転向後の年収は本人の力量次第であり、実績によっては会社員時代と比べて大きく収入が上がる場合があります。逆に案件がなければ、その間は収入が途絶えてしまう恐れも。フリーランスのゲームプランナーとして成功するためには基本的なスキルとともに、自分が考えた企画に対する情熱と強い信念が必要になるといえそうです。

ゲームプランナー案件を提案してもらう

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

ゲームプランナーに関連する職種

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■ゲームプランナーの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではゲームプランナーの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のゲームプランナーを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。ゲームプランナーの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
ゲームプランナー未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではIT・Web業界で活躍するフリーランスや派遣のデザイナー・クリエイターの方々を募集する求人・案件を掲載しています。掲載している募集情報は弊社の企業担当者が独自に集めた情報であり、Webデザイナーやイラストレーターなど幅広い職種の募集情報を扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。