Q

フロントエンドエンジニアに必要なスキルを教えてください。

A

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSといったマークアップ言語のほか、JavaScript(プログラミング言語)のスキルが必要です。そのほか、UIやUXの知識があると、求人・案件の選択肢を増やせると考えられます。

テクニカルカウンセラー 山下 祐香理

詳しい解説はこちら

目次

1. フロントエンドエンジニアの仕事内容
2. フロントエンドエンジニアに必要なスキル
3. フロントエンドの知識を身につけるには

 

1. フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやアプリでユーザーが直接目にする部分を整えるのが仕事です。HTMLやCSSといったマークアップ言語のほか、JavaScript(プログラミング言語)を使って画面の表示部分を調整します。

 

HTMLコーダーやWebデザイナーとの違い

HTMLコーダーは、HTMLやCSSでWeb上の表示を忠実に再現する、オペレーター的な役割を持つ職種です。

フロントエンドエンジニアはユーザーの視点で必要なコーディングを考えたり、クライアントやデザイナー、ディレクターなどに技術面のフォローを行ったりするなど、HTMLコーダーに比べて担当する業務範囲が広い傾向があります。

Webデザイナーは、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックツールを使ってデザインを行う職種です。フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーが考案したデザインについて効率面や技術面からアドバイスをしたり、デザインの方向性について相談したりします。

 

2. フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptのほか、UI・UXの知識が必要です。

 

HTMLやCSSのスキル

HTMLはHyperText Markup Languageの略称で、Webサイトやアプリに文字を表示する際に使うツール(マークアップ言語)です。HTMLによって、単に文字を表示するだけでなく、見出しを作ったり箇条書きにしたりできます。

CSSはCascading Style Sheetsの略称で、Webサイトやアプリの文字の色、大きさ、背景色などを調整するためのツール(マークアップ言語)です。

フロントエンドエンジニアとして働く際、基本的にはHTMLやCSSのスキルが必要になるため、後ほどご紹介する方法で基礎を身につけておきましょう。

 

JavaScriptのスキル

JavaScriptは、動きのあるWebサイト・アプリを作る際に使うプログラミング言語です。JavaScriptによって、Webサイト・アプリ上で画像を自動的に切り替えたりクリックと同時にポップアップ(告知や注意喚起の画面)を表示したりできます。

HTMLやCSSといったマークアップ言語と同様に、JavaScriptもフロントエンドエンジニアとして働く上で基本のスキルです。

 

UI・UXの知識

UIはUser Interfaceの略称で、Webサイトやアプリ上では画像やボタン、検索窓といったユーザーが目にする部分を指します。ユーザーが快適にWebサイトやアプリを使えるよう、ボタンの目立たせ方や画面に表示する情報量を調整するなど、設計の際はUIの視点を持つことが求められます。

UXはUser Experienceの略称で、ユーザーがWebサイトやアプリなどを使って得られる経験を指します。ECサイトであれば、「デザインがおしゃれ」「商品を検索しやすい」「注文したらすぐに届いた」といったことがUXの例です。

企業によっては、フロントエンドエンジニアにUI・UXの知識を求める場合があるため、事前に身につけておくと求人・案件の選択肢を増やせると考えられます。

 

3. フロントエンドの知識を身につけるには

フロントエンドエンジニアの勉強方法として、「独学する」「スクールを活用する」の2つが挙げられます。

 

独学する

HTMLやCSSといったマークアップ言語やJavaScriptのようなプログラミング言語を学ぶ際、書籍やWebサイトを活用する方法があります。

独学で基礎を身につけたら、実際にコーディングやプログラミングを行い、自分の理解度を確かめましょう。つまずいたところがある際は、改めて書籍やWebサイトで基礎を確認すると、理解を深められると考えられます。

 

スクールを活用する

「独学だとモチベーションを保つのが難しそう」「質問・相談できる人がほしい」という場合は、スクールを活用するのも一つの方法です。

独学に比べると費用はかかりますが、基本的にはレベル別にコースが設けられているため、「何から勉強を始めたらよいのかわからない」という人もチャレンジしやすいと考えられます。

スクールには、学校に通うタイプのほか通信講座もあるので、自分の状況に合わせて選んでください。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報