Q

Webデザイナーの勉強法について知りたいです

A

スクールに通ったり、書籍やWebサイトを利用したりする方法があります。仕事内容や必要なスキルを確認して、最適な勉強方法をとることが大切です。

企業担当 粕谷 里紗

詳しい解説はこちら

Webデザイナーの仕事とスキル


■仕事内容
Webデザイナーは、主に企業や個人などの顧客から依頼を受け、Webサイトのデザインを行う仕事です。まず、Webサイトのレイアウトや構成といった全体のイメージ、色合いなどを決めます。要望に合わせたデザインを提案し、コーディングを行います。見た目の美しさだけではなく、使いやすさ、分かりやすさを意識したデザインを考え、ミリ単位で調整。顧客の希望やイメージを正確に再現するため、話し合いを重ねながら進めることが多い仕事です。
■スキル
Webデザイナーには、HTMLやCSS、JavaScript、Photoshopなどに関するスキルが必要です。Webサイトを作成するためには、さまざまな言語を用いたコーディングが必須。デザインツールの操作方法も覚える必要があります。細かい作業も多く、集中力や忍耐力も不可欠です。
ただパソコンと向き合って仕事をするのではなく、要望に忠実にデザインするため顧客折衝にも携わる機会も多いため、技術や知識だけではなくコミュニケーションスキルも求められます。


Webデザイナーに必要なスキルの習得方法


■技術スキル
HTMLやCSSを用いたプログラミングや、JavaScript、Photoshopといったデザインツールなど、技術スキルを身につけるためには、書籍やインターネットを利用して独学する方法と、スクールに通う方法があります。
独学で利用する専門の書籍は種類が豊富なので、自らの好みや能力に応じて選択可能。また、学習サイトを利用することで、実際にプログラミングに挑戦したり、動画で解説を見たりすることもできます。自宅で自分のペースで取組むことができるのが特徴です。
短期間でスキルを習得したい方はスクールがおすすめ。夜間や週末のみの利用など、生活スタイルに合わせて選択できるスクールも多いため、仕事をしながらでも通いやすい方法です。就職サポートを行っているスクールもあるので、今後就職や転職を考えている方にもマッチしているでしょう。

■ヒューマンスキル
顧客の希望やイメージをしっかりと引き出すヒアリング力や、交渉力といったコミュニケーションスキルが必要です。コミュニケーションを深めるなかで大切なことは、信頼関係を築くこと。相手の話を受け止めながら聞く「傾聴力」を身につけるとよいでしょう。また、より深い会話をするために、事前に質問をいくつか用意しておくのもひとつの方法です。挨拶や笑顔、声のトーンなど、細かい部分にまで気を配ることで、好印象をもたらすことができるでしょう。


さらなるスキルアップに向けて身につけたいこと


■デザインの質を高める
より質の高いWebデザインを行うためには、キャッチコピーやテキストのクオリティを上げる「ライティング力」、目的に合ったデザインを行うための「マーケティング力」を習得するほか、さまざまなデザインを学び自分の引き出しを増やす必要があります。
デザインを学ぶためには、さまざまなWebサイトの模写をするのもひとつの方法です。Webサイトを観察し、ポイントを押さえながら正確に再現することで、新しい技術を習得することに繋がるでしょう。さらに、模写したWebサイトのコンテンツ数を増やしたり、配色やレイアウトを変えたり、カスタマイズすることで、オリジナルのデザインに活かせるスキルが身につきます。

■ディレクションのノウハウを身につける
Webデザイナーとしてスキルアップするためには、デザイン技術だけではなくWebディレクションスキルも磨くのが良いでしょう。案件や顧客に応じた適切な提案を行うことで、よりスムーズに業務を進めることが可能です。また、顧客から高い評価が得られるだけではなく、顧客の要望をより意識しながらデザインすることでスキルアップにも繋がります。
さらに、ディレクションに関するノウハウを身につけることで、Webディレクターやフリーランスへキャリアアップする際にも有利になるでしょう。


人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報