Q

Photoshopの勉強はどのようにすれば良いのか教えてください。

A

まずはPhotoshopの基礎をしっかりと固めます。その後目標を定め、目標達成までに必要なスキルやテクニックを身につけていくとよいでしょう。スキルアップの参考となるWebサイトや書籍も多く存在します。

企業担当 加藤大貴

詳しい解説はこちら

Photoshopのスキルを効率的に勉強する方法

Photoshopは、Illustratorと並んで多くのデザイナー・クリエイターに愛用されているグラフィックソフトです。「Photoshopなくしてクリエイターとしての活動はできない」といっても過言ではないくらい、デザイナーやクリエイターの間で広く浸透しているソフトであるといえます。

Photoshopの特徴は、何と言っても「多機能」であることです。発売以来バージョンアップが進み、近年は動画や3Dコンテンツの作成・編集、著作権のインプットなどもPhotoshopでできるようになっています。逆を言うと「機能がありすぎる」ため、デザイナーやクリエイターの方の中にはPhotoshopの勉強法に迷っている方もいることでしょう。

Photoshopのスキルを効率よく勉強するコツを2つ挙げてみます。

1.ゴールを定める
前述の通り、Photoshopには多くの機能があり、年々バージョンアップを重ねるたびに、機能の追加や改修が行われています。全ての機能を一度に覚えることは、物理的に不可能と言ってもいいでしょう。まずはどんな作品を作るのか目標を決め、それに必要なスキルを身につけていきます。これを繰り返していくことで、スキルが多く身についていくといえます。

2.基本的な機能・操作を勉強する
まずは基礎である以下の3つについて勉強すると良いでしょう。

・補正、調整
・切り抜き
・レイヤーマスク

練習用の素材を用意して、これらの操作を行ってみましょう。各項目ごとに調べれば解説やチュートリアルが見られます。

Photoshopの勉強にオススメのWebサイト・書籍

Photoshopは広く普及しているツールであるため、解説本やWebサイトは無数にあります。前項で述べた通り、本やWebサイトに書いてあることを最初から順に試すより、自分のゴールのために必要なスキルをピックアップしながら学んでいきましょう。ここでは、辞書的に使える網羅性のあるWebサイトと書籍をご紹介します。

■Webサイト
・Adobe Photoshop CC (https://helpx.adobe.com/jp/photoshop.html)
Adobe社が配信しているサイトです。基本的な使い方から応用に至るまで、Photoshopを使いこなすためのヒントが掲載されています。項目によっては動画配信となっており、動画を見ながら操作できるのがポイントです。また、Adobeに直接質問して問題解決を図ることができる「Adobeサポート」というサービスも存在します。

■書籍
・Photoshopしっかり入門[CC/CS6/CS5](Design&IDEA)
アドビ認定インストラクターの資格を持つ、まきのゆみさんの本です。Photoshop初心者向けの入門書で、初心者がつまづきやすいところを丁寧に分かりやすく解説されています。基礎的な知識を身につけたい方におすすめです。

実際にやってみることが、スキルアップへの第1歩

■まずは基礎から
基礎を疎かにしてしまっては、応用に対応することはできません。先述の通り、Photoshopは多くの機能を有しているため、基本操作の部分をきちんと身につけておかないと、その後の応用に対応できない可能性があります。初学者向けの書籍に載っている機能を繰り返し行うのもよいでしょう。

■実際に操作する
スキルを身につけるには、ただWebサイトや書籍を読むだけでなく、実際に自分で手を動かすことが重要となります。自分の納得のいくまで何度も何度も練習しながら、スキルを習得していきましょう。

■ゴールから逆算していく
ある程度基礎を身につけたら、「これを作ってみたい!」と思うものを見つけましょう。先にゴールを設定し、それに向かって必要なスキルやテクニックを身につけていく、という方法です。また、「どういう画像を作りたいのか」、「その画像に達成するまでにどのようなテクニックを用いればよいのか」などを考えることも、クリエイターとして活動するために必要な要素となるでしょう。「ゴールを決める→それに必要なスキルを身につける→作る」という工程を繰り返していくことで、多くのスキルを身につけることができるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報