Q

未経験からフロントエンドエンジニアになるには、どのような方法がありますか?

A

フロントエンドエンジニアは、Web制作に関する幅広い知識が必要となる仕事であり、一般的に、HTMLコーダーやマークアップエンジニアがキャリアアップして就く職種とされています。そのため、まずはHTMLコーダーやマークアップエンジニアとしての実務経験を積んでいくことになるでしょう。

テクニカルカウンセラー 山下 祐香理

詳しい解説はこちら

目次

1. フロントエンドエンジニアとは?
2. フロントエンドエンジニアに求められるスキル
3. 未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方法
 

1. フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアは、フロントエンドの設計・構築・カスタマイズを担当する職種です。
フロントエンドとは、ユーザーとWebサイト(アプリ)が直接データをやりとりする要素のこと。たとえば、ユーザーがWebサイトを閲覧している際、Webブラウザを使うことになりますが、このWebブラウザがフロントエンドに該当します。
 

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事は、HTMLやCSS、JavaScript、jQuery、CMSなどの技術を用いたWebサイトの制作です。

Webサイトのデザインは、基本的にはWebデザイナーが行いますが、フロントエンドエンジニアが行うこともあります。また、Webサイトの設計を行うにあたっては、見栄えの良さだけでなく、SEO対策やUI・UXの最適化が求められます。

フロントエンドエンジニアに似た職種として、「HTMLコーダー」や「マークアップエンジニア」がありますが、一般的にフロントエンドエンジニアはこれらの上位職として認識されています。
 

他のWeb系エンジニアとの違い

フロントエンドエンジニアの他にも、Web制作に携わるエンジニアは複数います。フロントエンドエンジニアを目指すにあたっては、これらのエンジニアとの違いも把握しておきましょう。
 

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、フロントエンドからのデータ入力および指示に基づき、ユーザーから見えないサイト内部でデータ処理などを行う仕事です。ハードウェアやOS、サーバー、データベースなどに関して、どういった機能が必要なのかを選択して展開していくのが主な役割となっています。
 

HTMLコーダー

HTMLコーダーは、Webデザイナーが作成したデザインをWebサイトとして再現するのが仕事です。フロントエンドエンジニアの業務と被っていますが、フロントエンドエンジニアが行うような「JavaScriptを使ってサイトに動きを付ける」「CMSで手軽に管理できるようにする」といった高度な技術を要する部分は、基本期にHTMLコーダーの業務範囲には含まれていません。HTMLとCSSを使った、従来からある静的なサイトの設計がメインとなります。
 

マークアップエンジニア

マークアップエンジニアは、Webサイトに載せる原稿を、HTMLを使って最適な形で表現するのが仕事です。サイトの目的達成のために、SEOやUI・UXなどを考慮しながら、HTMLコーダーが作ったサイトに文書を組み込んでいきます。こちらも、フロントエンドエンジニアの業務と被っていますが、フロントエンドエンジニアはHTMLに加え、CSSやJavaScriptなどを使ったインタラクティブな表現を可能にするノウハウも持ち合わせています。

HTMLコーダーとマークアップエンジニアは、担当範囲の境界線が曖昧であり、企業によっては業務内容が異なる場合もあります。
 

2. フロントエンドエンジニアに求められるスキル

フロントエンドエンジニアに求められるスキルとしては、以下のようなものが挙げられます。
 

マークアップ言語

HTMLとCSSは、Webサイトの制作に必要となるため、必ず身につけておかなければならないスキルです。また、Webサイトに動きを付けるためには、JavaScriptの習得も欠かせませんし、作業効率化のためのjQueryといったライブラリや、AngularJSなどのフレームワークを活用できるようにしておくことも重要でしょう。

UI・UX設計のスキル

Webサイトのデザインは、おしゃれで凝ったものであれば良いというわけではありません。目的のコンテンツがどこにあるか分からない使いづらいサイトは、ユーザーがすぐにページを離れていってしまうためです。そこで必要となるのが、UI(ユーザーインターフェース)と、UX(ユーザーエクスペリエンス)に優れたWebサイトを設計するためのスキルです。

SEOに関する知識

企業の目的達成のためには、Webサイトを多くのユーザーに見てもらう必要があります。Webサイトの集客は検索行動からの流入が多いため、Web制作においてSEO対策は必須といえるでしょう。SEOとは、「検索エンジン最適化」とも呼ばれ、狙ったキーワードでの検索結果を上位に表示させるための要素を指します。

CMSでのサイト制作スキル

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、知識やスキルがなくても簡単にWebサイトを管理・更新できるシステムです。多くの企業で導入されていることから、フロントエンドエンジニアがこれを扱う機会も多くなっています。主要なCMSの機能や使用する言語などは一通り習得しておくべきでしょう。

所属する企業や担当する案件によっては、この他にデザインの知識や、サーバーサイド言語への理解が必要となる場合などもあります。
 

3. 未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方法

フロントエンドエンジニアは、Web制作の応用的な知識が求められる仕事です。求人も実務経験のある人を対象としていることが多く、未経験可の募集は少ない傾向にあります。

未経験からフロントエンドエンジニアになる場合は、まずHTMLコーダーやマークアップエンジニアとして企業に就職し、実務経験を積んでキャリアアップを目指すと良いでしょう。HTMLコーダーやマークアップエンジニアであれば、未経験可の求人も比較的探しやすくなっていますし、中には社内での教育プログラムに力を入れている企業も存在します。

ただし、未経験可の求人であっても、「Webサイト制作についてある程度の知識を身に着けている人」を対象とした募集であることがほとんどです。Web制作の知識が全く無いという人は、HTMLやCSSの基礎的な勉強は必須となるでしょう。

勉強方法としては、プログラミングスクールに通うか、独学で勉強するという方法があります。独学の場合、書籍や参考サイトで学ぶ方法のほか、近年ではオンライン学習サービスや動画で学べるサイトなども充実しているようです。自分に合った勉強法を見つけて、効率よく学習を進めていきましょう。

※本記事は2020年1月時点の情報を基に執筆しております。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報