CSS の求人・案件一覧

CSSとは

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTML・XMLなどマークアップ文書とセットで使用する、スタイルシート言語のうちのひとつです。CSSを使用することでHTML文書中にデザイン関連の記載の必要がなくなり、HTMLの構造が分かりやすくなります。また、CSSひとつでWebページのデザインを統一することができる他、デザイン変更も簡単に行うことができるなどの特徴があります。
CSSはWebサイト制作に欠かせない技術のひとつで、Webデザイナーやフロントエンドエンジニアの求人・案件では必須スキルに指定されていることが多いです。近年、Flashに変わる技術としてHTML5が世に広く浸透して以降、CSS3のスキルを持つクリエイターの需要が増加傾向にあります。フリーランスのクリエイターとして幅広く活動するには、CSS3は必ず身につけておきたいスキルのひとつであると言えるでしょう。

CSSとはWebサイト制作時に使用される言語です。CSSは「Cascading Stylist Sheets」の頭文字を取ったもので、「段階的にスタイルを指定してシートを作成する」という意味があります。
HTMLコーダーやWebデザイナー、Webディレクターといった職種の人にとって、もっとも基本的なスキルのひとつであり、Web制作業界を目指すのであれば、まずは身につけておきたいものです。
CSSと並んでWebページ制作に用いられる言語がHTML。HTMLにより定義されたWebページの構造を、どのように装飾するかを指定するためにCSSは使われます。
以前はHTMLのみで、文字の大きさや色などを変えることもありましたが、多様化するブラウザやユーザーのニーズに応えるには不十分となってきました。そういった場合、CSSと併せて使うことにより、いずれの環境においても同じように表示され、見やすいWebページを制作することができます。HTMLの中に装飾情報が組み込まれないため、純粋に構造だけを理解しやすくなるという、コーダー側のメリットにもつながります。
CSSに関する求人・案件の場合、Webデザインに関する知識が求められることもあるので、PhotoshopやIllustratorといったデザインソフトのスキルが役立つことも多いようです。
レバテッククリエイターでは、CSSに関連する求人・案件のご相談を受け付けています。転職を目指す方や、新しい働き方に挑戦する方を丁寧にサポートするカウンセリングも実施中です。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る