Maya の求人・案件一覧

Mayaとは

Mayaは、オートデスク社より販売されているハイエンドの3DCGソフトです。3Dモデリングをはじめ、アニメーションやレンダリング・シュミレーションなどができる機能が1つに包括されており、高度な3Dデザインを可能にします。Mayaはハリウッドをはじめ多くの映像現場で利用されており、国内においても大手ゲーム会社や映画作成会社でのシェアを集めています。またデザイン要素が強い部品の設計などにも使用されており、製造業の分野においてもMayaのスキルを持つ3DCGデザイナーが募集されています。
IT業界の中でもWeb関係の募集については、Mayaのスキルや知識が必要とされ、レバテッククリエイターで扱う業務委託の求人・案件においてもMayaのスキルが求められます。3DCGデザイナーの求人・案件では、Mayaを必須スキルとしているもの多いため、ぜひ習得しておきたいツールと言えるでしょう。

Mayaについて

Mayaは圧倒的なシェアを誇るハイエンドソフトです。3Dモデリングをはじめとした3Dデザインに特化しており、ハリウッドをはじめとする、多くの映像現場で用いられています。特徴として挙げられるのは、「VFXとの相性の良さ」「拡張性の高さ」「独自のレンダラを搭載している」などです。
特にVFXとの相性はMayaの最大の武器と言えます。映像業界においてMayaが圧倒しているのには、このVFXとの相性の良さが大きく関わっていると考えられます。また、スクリプトから新機能の追加が可能であるという拡張性の高さも、企業に重宝されています。使用するプログラマによって、どんなソフトにも化けられる可能性を秘めているのではないでしょうか。MayaハードウェアやMayaソフトウェアといった、Mayaならではのレンダラ(レンダリングエンジン)を搭載しているのもポイントです。
反して、Mayaには弱みもあります。企業で利用する分には利便性が高いのですが、個人利用には向いていません。これは、Mayaは元来スクリプトによって機能を拡張することを想定したソフトであるためです。個人で利用するには、3dsMaxの方が適していると言えます。
任天堂やバンダイナムコゲームス、スクウェア・エニックスなどは、Mayaを本格的に開発ラインに導入しています。2005年に発表されたMaya7以降は、硬質な感じの3DCGだけでなく、温かみを感じられるデザインの3DCGも対応。より表現の幅が広がっています。ピクサー社のアニメーションなどにも多く使用されているレンダーマンもMayaのプラグインです。
Mayaを習得していると求人・案件の選択肢も広がるでしょう。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。派遣求人の仕事については派遣求人特集ページにおいても掲載しています。
求人・案件は担当する職種や使用するデザインツールなど、皆様のご希望やスキルに合わせてお探しいただけます。また、当サイトの職種図鑑にてWebデザイナーの仕事内容やイラストレーターの仕事内容など、職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアにて仕事の情報をご覧いただけます。レバテックキャリアでほ転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
転職を希望される方でMayaの仕事情報・正社員採用情報をお探しの場合は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。Mayaに関する転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
InDesignの募集案件 DTPデザイナーの募集求人・案件 Shadeの求人・案件

派遣求人の特集を見る
フロントエンドエンジニアの派遣求人 Webディレクターの派遣求人 HTMLコーダーの派遣求人

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る