SoftImage の求人・案件一覧

SoftImageとは

Softimageは高性能の3DCG制作用ソフトウェアです。Windows 7、Windows 8 Professional、Linuxに対応しています。Autodesk Face Robotツールセットが搭載されているため、表情豊かな3Dキャラクターのアニメーションを簡単かつスピーディに作成することが可能です。ゲームディレクターやプロデューサー、アニメーターとして募集されている求人・案件にはSoftimageと同じくMAYA、MAXといった3Dツールの実務経験を必要とする企業もあります。大手企業で即戦力として活躍したい方は、Softimageも含め複数のデザイン作成スキルを習得していることが前提のようです。このように高い評価を得ていた同シリーズですが、「Softimage 2015」をもって開発終了の方針が発表されています。レバテッククリエイターでは、SoftImageのスキルを募集している求人・案件をいくつかご紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Softimageについて

Softimageは、ハイエンドな3次元CG制作用のソフトウェアで、オートデスク社の子会社であるSoftimage社により発表されました。
使用用途は幅広く、アニメやCM、ゲームの制作や、映画のVFXなどに用いられています。スタジオジブリやカプコンは、Softimageを全面的に制作ラインに導入しています。スタジオジブリの代表作でも使用されたことがあるので、知らない間に目に触れていることがあるかもしれません。
中でも、ゲーム制作においては採用事例がたくさんあります。そもそもSoftimageはゲームの開発を想定して設計されたソフトウェアであり、近年においても数々の名作を陰で支えており、重宝されてきました。機能においては、Mayaや3ds Maxにやや劣るものの、モデリングなどにおいては遜色なく、アニメーションにおいてはSoftimageが特に優れていると言われています。
対応しているオペレーティングシステムは、Windows7やWindows 8 Professional、Linuxです。Softimageは、1988年に発表されて以降、現在に至るまで、幾度もアップデートを繰り返してきましたが、2014年4月に発表されたAutodesk Softimage 2015で最終バージョンとなりました。開発を中止した理由としては、「開発のためのリソースを集約することによって、エンターテイメントとメディアの業界で求められるニーズに広く対応できるようにするため」とされています。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。派遣求人の仕事については派遣求人特集ページにおいても掲載しています。
求人・案件は担当する職種や使用するデザインツールなど、皆様のご希望やスキルに合わせてお探しいただけます。また、当サイトの職種図鑑にてWebデザイナーの仕事内容やイラストレーターの仕事内容など、職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアにて仕事の情報をご覧いただけます。レバテックキャリアでほ転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
転職を希望される方でSoftImageの仕事情報・正社員採用情報をお探しの場合は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。SoftImageに関する転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
プロダクトデザイナーの募集求人・案件 Zbrushの求人・案件 Blenderの募集案件

派遣求人の特集を見る
アニメーターの派遣求人 ゲームプランナーの派遣求人 アートディレクターの派遣求人

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る