ゲームディレクター の求人・案件一覧

ゲームディレクターとは

ゲームディレクターの主な業務は、ゲーム開発プロジェクトにおいて統括責任者を担う業務です。ゲームディレクターの求人・案件の募集内容を見てみると、ゲーム全体の企画やスケジュール調整の他、ゲームプログラマーやグラフィックデザイナーなど、ゲーム開発に関わるメンバーをまとめる業務などがあります。まずゲームプログラマーやプランナーとしてプロジェクト経験を積んだのちに、ゲームディレクターとして活躍するようになる方が多いようです。ゲームディレクターの求人・案件では開発メンバーに的確な指示やアドバイスを出す必要があることから、ゲーム開発に用いられる一通りのスキルや知識が求められることもあります。また社外の関係者と関わる場面では、対外とのコミュニケーション能力も必要です。レバテッククリエイターでは、専属コーディネーターがご希望に合ったフリーランス・派遣の求人・案件をご紹介します。ゲームディレクターの希望の求人・案件の募集を見つけ、フリーランスや派遣社員、契約社員として活躍したい方は是非ご活用ください。

ゲームディレクターについて

ゲームディレクターは、ゲーム開発においてプロジェクト全体を統括する責任者です。まずゲームのコンセプトやテーマについて、デザイナー・ゲームプランナーと共に企画し、その後開発チームのスタッフ管理やスケジュールの調整など、ゲーム制作プロジェクトの指揮・監督を行います。グラフィックデザイナー、プログラマー、サウンドクリエイター、シナリオライターなどゲーム開発におけるメンバーをまとめ、円滑にプロジェクトの進行を図ることが主な業務です。また、下請けで開発を行う場合には、クライアントへの対応を行うこともあります。
ゲームディレクターになるためには、まず制作スタッフとして開発に携わりながら経験やスキルを身に付ける必要があります。プログラマー、グラフィックデザイナー、プランナーなどそれぞれの職種でプロジェクトに携わり、その後ゲームディレクターになることが多いです。プログラマーの場合はプログラミングのスキル、グラフィックデザイナーの場合は画像編集スキルやデッサン力など、それぞれの業務で必要なスキルを身に付けなければなりません。また、プロジェクトをスムーズに進めるためには制作メンバーの動きを把握し、的確な指示を出すことが重要です。そのため、プログラミングやデザインなど、ゲーム開発における一連の知識やスキルは持っておく必要があります。
ゲームディレクターとして案件に参画し活躍するためには、スケジュールの管理、ゲームの演出・監督、現場での的確な指示など、チームをまとめるためのマネジメントスキルや、社内・社外の関係者やクライアントへのコミュニケーションスキルもゲームディレクターには求められるでしょう。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。
求人・案件は職種やデザインツールなどでお探しいただけます。当サイトの職種図鑑にて職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、派遣求人に関する詳細な情報は派遣求人特集にて解説しています。
フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアをご利用ください。転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
正社員のゲームディレクター採用情報をお探しの方は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。ゲームディレクターの転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
Metasequoiaの募集求人・案件 InDesignの求人・案件 Zbrushの募集案件

派遣求人の特集を見る
イラストレーターの派遣求人 ゲームプランナーの派遣求人 Photoshop×Illustratorの派遣求人

ゲームディレクターについて詳しく知る
ゲームディレクターの仕事内容

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る