Q

Webデザイナーに必要なスキルを独学で学ぶにはどうすればよいでしょうか

A

手を動かすことが上達への早道。コーディングやプログラミングは学習サイトで効率的に勉強できます。SEO・アクセス解析のスキル習得や最新技術のキャッチアップには、SNSやブログを上手く活用しましょう

企業担当 粕谷 里紗

詳しい解説はこちら

必要とされるスキルを確認しましょう


■デザインスキル
Webデザイナーに最も必要なデザイン力です。多ジャンルのデザインをこなせるよりも、何か抜きん出て得意なジャンルを持っていると有利です。

■デザインツールスキル
PhotoShopやIllustratorを使いこなすスキルです。仕事をスピーディーかつ効率良くこなすためには必須といえるでしょう。

■コーディングスキル
考案したデザインをブラウザで見えるようにするための言語のスキルです。HTMLやCSSといった言語が使用されます。

■プログラミングスキル
JavaScriptやjqueryといった、Webサイトを動かすためのプログラミング言語スキルです。覚えておくことでWebデザイナーとしての需要が高まります。

■SEOとアクセス解析の知識
クライアントへWebサイトの改善案を提案する上で必要な知識です。SEOとアクセス解析の知識があると的確なソリューションを提供できます。

■情報のキャッチアップ力
Web業界は流行の移り変わりが激しいため、日ごろから最新の情報をキャッチアップする必要があります。


独学に便利なWebサイト・サービス


■学習サイトを利用する
・「Progate」
分かりやすいスライドで、Webデザインに必要とされる言語を学習できます。

・「Progate」
実際に自分でコーディングしながら進める学習サイト。HTML/CSSは、初級編から上級編まで3つのコースが用意されています。

■動画を利用する
・「ドットインストール」
1講座につき3分程の無料動画でプログラミングを学べます。

・「Adobe TV」
ツールに関する学習サイト。動画を見て使い方を学ぶことができます。

■SNSをチェックする
TwitterやfacebookといったSNSを上手く活用することで、最新のツールやデザインにまつわる情報をキャッチアップできます。

■ブログを運営する
ブログを運営することで、アクセス解析やSEOの知識を実践することができます。使用するサービスは、Webデザイン業界で需要の高い「WordPress」がよいでしょう。


独学にあたっての注意点


■手を動かしましょう
Webデザインの学習で最も効率的なのは、実際に手を動かす方法です。コードを打ち込んだり、他サイトの模写をしたりと、実際にPCを操作しながら覚えていきましょう。

■独学でやりがちな勉強方
独学でWebデザインを勉強しようとする時やりがちなのが、書籍を読んでHTMLタグやCSSを丸暗記しようとするやり方です。Webデザインに必要とされる言語やタグは膨大な数があるため、暗記という学習方法は向きません。

■タグは優先順位をつけ、論理立てて覚える
HTMLタグは、丸暗記するよりも、英字の意味から理解し、論理立てて覚えるのが良いでしょう。教本のポイントを押さえ、本当に使用頻度の高いものから一つずつ自分のものにしていくことが大切です。


人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報