Q

フリーランスの仕事内容にはどのようなものがありますか。

A

正社員からフリーランスへの転向を考えている方にとって、やはり気になるのが仕事内容。フリーランスの職種や仕事内容をチェックしておきましょう。

テクニカルカウンセラー 山下 祐香理

詳しい解説はこちら

正社員とフリーランスの具体的な違いとは?

正社員とフリーランス、それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

・正社員の場合

正社員の特徴は、給与や業務が比較的安定していることです。
会社に所属している限りは月給が支払われますし、毎月何かしらの業務が割り当てられ、仕事がなくなるという心配はあまりないでしょう。また年金や保険料、経費の処理などは全て会社が行ってくれるため、目の前の作業に集中できるのもメリットです。

・フリーランスの場合

フリーランスは、自分の得意分野を活かしたい人や、自由度の高い働き方を希望する場合の選択肢となるでしょう。作業時間や場所を自分の裁量で決められることや、案件によっては収入アップを実現することも可能です。その代わり、案件探しや経費の処理など、営業や経理の役割も自分で担う必要がある点に注意が必要です。

フリーランスの職種は多岐に渡ります

フリーランスで活躍する方の多い職種の一例をご紹介します。

・デザイナー

デザイナーはクライアントの要望に合わせて、画像の形や色、レイアウトを編集するのが主な役割です。細分化すると、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、キャラクターデザイナーなど多数の職種に分かれています。

・エンジニア

エンジニアは、システム設計やマネジメントを行うシステムエンジニア、そして設計をもとにプログラミングを行うプログラマに分けられます。企業に常駐する場合もあれば、在宅で作業をする場合もあります。

・ライター

紙媒体やWeb上で文章を書くのがライターです。必要なツールはあまりなく、初期投資が少ないのが特徴といえます。

・カメラマン

カメラマンはカメラをはじめ機材に資金がかかるとされていましたが、最近は手頃で性能の良いカメラが増え、比較的ハードルは下がりつつあるようです。

・翻訳家

翻訳家にもフリーランスは多いです。外国語で書かれた映画や書籍の翻訳を行います。医学や金融など、専門性が高まるほど単価が上がる傾向にあります。

・作曲家

近年はPCによるデジタルな作曲環境が整っており、初心者から作曲家を目指す人も増えています。フリーランスの場合はクライアントよるコンペ式の採用が多いため、より多くのコンペに参加する事が大切といえます。

・アナウンサー

テレビ局のアナウンサーとして十分な経験と実力を持っているアナウンサーは、フリーに転身する例が見られます。アナウンサーとしてのスキルはもちろんですが、タレントやディレクター的な役割をこなす事も求められます。

フリーランスはWeb系を中心にさまざまなフィールドで活躍しています。どの職種でも大切な事は、自分の市場価値を見極める事。自己分析や研鑽をしっかり積んでいきましょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報