Q

UIデザイナーになるにはどうすればよいのでしょうか。

A

UIデザイナーは、その名の通りUIデザインを行う職種です。UIに関する知識に加え、デザイン対象についての様々な知識を深掘って身につけていくことがUIデザイナーになるために大切でしょう。

企業担当 加藤大貴

詳しい解説はこちら

ユーザーの使い心地に配慮するUIデザイナー

◆UIデザイナーとは?

UIデザイナーとは、UI(ユーザーインターフェイス)のデザインを行う職種です。ユーザーとハードウェア間において、操作パネルなどを含むUIのデザインを手掛けます。UIデザイナーという職種は、以前から家電や自動車などの工業デザインの分野では存在していました。近年では、インターネットやスマートフォンの普及に伴いWebやアプリのデザインの分野の一つとしても確立されています。デザインされる製品の機能や目的、また使用するターゲットを考慮しながらデザインすることがUIデザイナーの主な業務になります。

◆UIデザイナーに求められること

UIデザインは、操作パネルなどのユーザーが直接使用する部分のデザインを行うため、ユーザーの使い心地に直結すると言えます。そのため、UIデザイナーはユーザーの使い心地・使いやすさに配慮しながらデザインを行う必要があります。また、ユーザーの視点になって繰り返し検証を実施し、問題点を掘り起こし改善を行うこともUIデザイナーの仕事です。美しさやカッコよさといった視覚的なデザイン性も大切ですが、ユーザーの視点に立って使い心地に配慮することがUIデザイナーにとって必要です。

◆なぜUIデザイナーが必要なのか?

UIデザインは、ユーザーの使い心地に直結すると共に、ユーザーの目に触れることの多い部分のデザインになります。例えば、より多くのユーザーに使用してもらうことを目的としたWebサービスでは、UIデザイン設計がそのサービスの評価に大きく影響します。そのため、サービスのユーザー特性をしっかり理解し、そのサービスに応じたUI設計ができるUIデザイナーが求められています。

UIデザイナーにはユーザー視点が非常に大切!

◆UIデザイナーはどんな人が向いているのか?

<ユーザー視点を持てる方>

UIデザイナーは、デザインされる製品やサービスの目的やコンセプトとともに、ユーザーの使いやすさにも配慮しなければなりません。そのため、いかにユーザーの視点になってデザインできるかがとても重要です。

<几帳面な方>

ユーザーが使用した際の問題点を見つけ改善を行っていくこともUIデザイナーの大切な仕事です。詳細部分にも目が届く方が向いていると言えるでしょう。

<コミュニケーション能力の高い方>

UIデザイナーは、ユーザーに配慮するだけではなく、プロデューサーやクライアントと連携してデザインを行っていくことが多くあります。そのため、高いコミュニケーション能力をお持ちの方は向いていると言えます。さらに、デザイン知識を持たない相手に対しても自分の意見やアイデアを伝えることが多々あるため、噛み砕いて分かりやすく説明できるスキルも大切です。

◆UIデザイナーのやりがいは?

UIデザインは、ユーザーの使いやすさ、使い心地に直結します。UIデザインはその製品やサービスの評価に直結すると言っても良いでしょう。UIデザイナーが行う設計次第で、デザイン対象そのものの魅力を大きく引き上げることができます。大きな責任のある職種とも言えますが、自分が手掛けた製品やサービスが多くのユーザーに使われ、高く評価された際にはやりがいや達成感を感じることができるでしょう。

UIデザイナーになるためには幅広い知識が必要!

◆UIデザイナーに必要なスキルや知識とは?

UIデザイナーになるための特定の資格が必要なわけではありません。では、UIデザイナーになるためにはどのような知識やスキルが必要なのでしょうか。

<デザインの基礎的知識>

まず、デザインに関する基本的な知識は必須です。UIデザイナーを目指す方は、色彩や構成といった基本的な知識は身に付けておきましょう。さらに、エルゴノミクスといった知識も習得するとUIデザインを行う上で活かすことができます。

<デザイン対象に関する知識>

より使いやすいデザインにするためには、デザイン対象に関する知識も必要です。例えばゲームのUIデザインを行う場合、ゲームの特徴や世界観を詳しく知ることで、より魅力的なUIデザインが可能になります。デザイン対象に関する様々な知識を得ることは、良いUIデザインを行うために必須と言って良いでしょう。

◆UIデザイナーとしてより活躍するためには?

近年、広く求められるようになったUIデザイナーですが、より活躍の幅を広げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

<エンジニアリングの知識>

HTML/CSS/JavaScriptといったデザインに用いる言語の知識に加え、エンジニアリングについての知識を身に付けることでより踏み込んだUIデザインが可能になります。エンジニアリングの知識があれば、エンジニアとのコミュニケーションも取りやすくなり、より良いUIデザインを行うことができます。

<UXの知識>

UIと共によく目にするのが、UX(ユーザーエクスペリエンス)です。UXは、サービスを利用した際の経験や満足感を指します。UIデザイナーの求人・案件では、UIだけではなくUI/UXのどちらのスキルも求めるものが多くあります。UIデザイナーとしてももちろん活躍することはできますが、UXの知識を持つことで業務の幅を広げることができるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報