Webデザイナーに必要なスキルは?【スキルアップの方法も解説】

Webデザイナーに必要なスキルは?【スキルアップの方法も解説】
Web業界の発展により、求められるスキルが変化しつつあるWebデザイナー。最低限必要なことだけでなく、今後はよりレベルの高いスキルが求められるようになるでしょう。本記事では、これからのWebデザイナーが持ち合わせておくべきスキルについて解説します。

目次

Webデザイナーに最低限必要なスキルとは?

まずはじめに、Webデザイナーが最低限持ち合わせておくべきスキルについて説明します。

IllustratorとPhotoshopはマスト!使いこなせるようになろう

Webデザイナーが仕事で使う基本のツールが、IllustratorとPhotoshopです。この2つが使えないとデザインが始まらないので、まずはじめにマスターしておく必要があります。PCとSP両方のデザインを求められることも多いので、どちらもデザインができるようにしておきましょう。

以下の記事では、IllustratorとPhotoshopなどのツールをどの程度使いこなせればよいのか、詳しく解説しています。今の自分のスキルレベルが不安な方はチェックしてみてください。

関連記事:Webデザイナーに求められるスキルレベルは?未経験でも最低限必要なのは?

HTMLとCSSのコーディングも必須。JavaScriptができるとなおよい

分業が進んでいる制作会社などであれば、デザインのみでOKということもありますが、コーディング作業までできないと仕事の幅はかなり狭くなってしまいます。

HTML、CSSでのマークアップはしっかりと学んでおくのがよいでしょう。またJavaScriptの実装ができると、さらに仕事の幅が広がります。

これからWebデザイナーを目指すという方は、以下の記事も参考にしてみてください。仕事内容や将来性など、Webデザイナーに関する情報を幅広く解説しています。

関連記事:Webデザイナーの仕事内容から案件提案まで

これからのWebデザイナーに求められるものとは?

技術の発展により、Webデザイナーの仕事の多くがシステムで代用できるようになりました。WordPressやWixを使えば、専門知識がなくても、誰でも簡単にサイトを作ることができる時代です。バナー制作ができる、簡単なサイトデザインができるというだけでは、Webデザイナーとして仕事をもらい続けるのは厳しくなってくいでしょう。

今後のWebデザイナーは、UIUXまで考慮したデザインができたり、開発ディレクションができたり、Webマーケティングができたり、デザインスキルに付加価値をつけていく必要があります。Webデザイナーの将来性については以下の記事で解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事:Webデザイナーに将来性はない?AIに負けない需要の高い人材になる方法は?

Webデザイナーがスキルアップする方法は?

ここでは、これからの時代を生き抜くWebデザイナーが身につけておくべきスキルについて詳しく解説します。

コミュニケーション能力は必須!仕事が円滑に進められる

案件のキックオフから納品にいたるまで、すべての工程においてマストなのがコミュニケーション能力です。クライアントの要望だけを聞いて、言われたとおりにすべて遂行すればよいわけではなく、時には納期や価格、作業範囲の交渉も必要。

また、クライアントによっては、自分たちの要望を適切に言語化できないこともあるので、ニーズを引き出す能力も必要です。

Web制作ではさまざまな職種の人たちとチームで仕事をすることが多いので、各所と協力しあって効率よく業務を進めるためにも、コミュニケーション能力はマストスキルと言えるでしょう。

大きな仕事も請け負えるマネジメント・ディレクションスキル

マネジメントスキルやディレクションスキルがあれば、チームで進める仕事を請け負うことができるので、比較的大きな仕事も受注することが可能です。

マネジメントとディレクションは厳密に言うと異なるものですが、セットで考えていいでしょう。ディレクターはプロジェクト全体の進行管理に責任を持つため、スムーズに遂行するためには時間や人、モノなどあらゆる要素に対してマネジメントする必要があります。

上記のスキルがあれば、Webディレクターやプロジェクトマネージャーとしてキャリアアップすることも可能です。Webディレクターについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:Webディレクターの仕事内容から案件提案まで

最低限のデザインツール以外にも+αで使えるものを

すでにWebデザイナーとして活躍している人であれば、AdobeのIllustratorやPhotoshopなど基本的なツールは使える人が多いはず。それにプラスして、ほかのデザインツールも使えるようになっておくとより一層価値が高まります。

例えば、今後のWebデザインには欠かせないと言っても過言ではない動画。さまざまなシーンで活用されているので、Premiereも使えるようになっておくことがおすすめです。

ビジネス形態によっては、Webと同時に紙媒体でもプロモーションを行うことも少なくありません。紙媒体にも対応できるように、InDesignも使えるといいでしょう。Webサイトから動画、DTPまで、トータルでデザインができるよう、幅広いツールを使いこなせるようになりましょう。

エンジニアとのスムーズな連携に欠かせないコーディングスキル

思い描いているデザインをスムーズに実装するために、コーディングスキルを身につけておくことをおすすめします。フロントエンドエンジニアに実装をお願いする場合も、正しいコーディングの知識があれば、やりたいUIの実現可否や工数、難易度がわかるので、より高いアウトプットが出せるでしょう。

コーディングに関する知識が全くない場合は、以下の記事も参考にしてみてください。どの程度の知識が必要なのかや習得するための方法について解説しています。

関連記事:コーディングできないWebデザイナーは需要なし?どうやって身につければいい?

デザインだけにとどまらないために。デジタルマーケの知見も必須

Webデザインとデジタルマーケティングは切り離せない存在です。いくらおしゃれで魅力的なデザインができても、ユーザーの集客ができるサイトを作れなければ成功には繋がりません。最近ではSEO対策をしているサイトも珍しくないので、SEOやWeb広告に関する基礎知識は必須といってもよいでしょう。

またGoogle AnalyticsやSearch Consoleを使ったアクセス解析やヒートマップを使ったサイト分析など、成果を上げるためのスキルも重要です。事業会社に参画する場合は、制作から運用まで担うことが多いため、マストと言っても過言ではありません。

以下の記事ではWebデザインに応用できるマーケティングの基礎知識を解説しています。

関連記事:Webデザイナーが知っておくべきマーケティングの基礎知識

Webライティングを使って成果がでるクリエイティブを作成

サイト・バナー・LPの作成に言葉は欠かせません。コピーライティングの知識があれば、ターゲットユーザーに刺さる訴求を考えることができるので、より成果につながるクリエイティブを作ることができるでしょう。UXライティングやSEOライティングなど、Webデザイナーのスキルを底上げするライティングスキルは積極的に身につけておくのがおすすめです。

以下の記事では、Webデザイナーが習得すべきライティングスキルについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:Webデザイナーにもライティングスキルは必要!理由とスキルUPの方法を解説

人の心理を読み解いて最高のユーザー体験を実現!UI/UXデザイン

ユーザーが使いやすいインターフェイスになっているか、満足する体験ができるかを模索しながらデザインすることも重要です。カスタマージャーニーマップを作成したり、ユーザーインタビューを行ったりしながら、ユーザー理解を深めるためのスキルも磨きましょう。

UI/UXデザイナはーWebデザイナーよりも単価が高い傾向にあります。こちらの記事ではUI/UXデザイナーについて解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事:UIデザイナーの仕事内容から案件提案まで
関連記事:UXデザイナーの仕事内容から案件提案まで

まとめ

技術の発展により、こらからのWebデザイナーはレベルの高いスキルが求められるようになっています。もはやデザインだけできればいい時代は終わりを迎えているとも言えるでしょう。求められるWebデザイナーであり続けるためにも、スキル磨きは怠らないようにしてください。

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします

この記事に関連する案件