新型コロナウィルスの感染拡大防止にあたりご確認ください

新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、一定期間はお電話でのカウンセリングをご案内させていただきます。
みなさまの安全に配慮し、発熱や風邪の症状がある、海外渡航歴がある場合にも、電話カウンセリングをお願いしております。それ以外の方でも、交通機関での移動にご不安を感じられる方は同様に電話カウンセリングも可能でございます。一人一人に合った支援をさせていただきますので、ご希望がございましたら登録後カウンセリングに進む際にお申し付けください。

クリエイター職種図鑑4.Webディレクター

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webディレクター案件を提案してもらう

目次

1. Webディレクターの主な仕事内容
2. Webディレクターの求人・案件について
3. Webディレクターの年収
4. Webディレクターに必要なスキル
5. Webディレクターの資格
6. Webディレクターになるには
7. Webディレクターに向いている人
8. Webディレクターの需要・将来性
9. Webディレクターのキャリアパス
10. フリーランスのWebディレクターとして働くには

1. Webディレクターの主な仕事内容

制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進捗・品質を管理

Webディレクターは、Webデザイナーやプログラマー・コーダーなど制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進捗や品質の管理など、ディレクションを行う仕事です。企業やプロジェクトによって差はありますが、メンバーの人選や制作スケジュールの調整・管理、コンテンツのクオリティ管理を行い、Webサイトを完成へ導いていくことが主な仕事内容となっています。Webサイト制作の多くがいくつかの掛け持ちで行われるため、Webディレクターという職業には、どのプロジェクトも効率よく管理するための能力が問われます。また、コンテンツのクオリティを高めるために撮影や取材へ同行したり、仕事内容によってはWebプランナーを兼ねることもあるようです。

関連記事:Webディレクターの仕事内容

Webディレクター案件を提案してもらう

 

2. Webディレクターの求人・案件について

Webディレクターの求人・案件は、主にWebサイトの制作や既存サイトの運用を行なうものが多く、そのほか、マーケターに近いポジションやシステム開発の上流工程寄りのポジションの求人・案件も存在します。全体的に求人・案件の量は他の職種よりも多いため、条件や要望に見合った求人・案件を見つけやすいでしょう。
これからWebディレクターを目指す方は、デザイナーチームやコーダーチームのマネジメントや、サイトの画面設計に携わる事から始めると良いでしょう。Webディレクターの求人・案件には、Web制作の知見は不可欠であるため、制作会社でWeb制作の上流工程を経験している方は、比較的目指しやすいと言えます。

Webディレクターの求人・案件一覧を見る

 

3. Webディレクターの年収

以下の金額は、サイト内の単価診断ツールにて「ブランクなし」での経験年数別の単価目安から算出した、フリーランスのWebディレクターの年収目安です。そのため、会社員の給料、年収とは単純比較できない点にご留意ください。 

実務経験に基づく年収の目安(週5日作業の場合) 
・Webディレクター(実務経験1年未満 )の年収:360万円(25万円/月) 
・Webディレクター(実務経験1年~2年)の年収:456万円(28万円/月) 
・Webディレクター(実務経験2年~3年)の年収:564万円(32万円/月) 
・Webディレクター(実務経験3年~5年)の年収:660万円(35万円/月) 
・Webディレクター(実務経験5年以上 )の年収:696万円(45万円/月) 
※上記の金額は目安であり、実際のお支払い額はご自身の経験/スキルなどにより変動します 

 

4. Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターに必要なスキルには、Webに関する様々な知識・経験のほか、コミュニケーション能力や問題解決能力、ロジカルシンキング力などがあります。また、流行や最先端技術などを敏感に察知する良好なアンテナ感度や、瞬時に状況を判断する能力、注意力なども求められます。
Webサイト制作には、様々な人の力が必要不可欠です。WebデザイナーやコーダーなどWeb制作に関わる人々の力をバランス良く配分できる能力や、これらの人々が円滑に仕事をすることができるように配慮するためのホスピタリティマインドなども、Webディレクターに求められるスキルであると言えるでしょう。

関連記事:Webディレクターのスキルについて

 

5. Webディレクターの資格

Webディレクターの資格として、「Webディレクター試験」があります。
Webディレクター試験とは、社団法人全日本能率連盟登録資格(Web検)が実施している、Webディレクションの能力が問われる資格試験です。Web制作の管理能力をはじめ、サイトの構造設計能力や施策立案・実施など、Webディレクターに必要な専門知識や実践スキルを問う内容となっています。
また、Webディレクターが取得しておきたい資格の1つに「ネットマーケティング検定」があります。こちらでは、ネットマーケティングに関する知識はもちろん、Webに関する知識や技術、Webブランディング能力など総合的な知識が問われます。

関連記事:Webディレクターの資格

 

6. Webディレクターになるには

Webディレクターになるために必須となる資格はありませんが、大学や専門学校でマーケティングやWebデザインなどを学び、Webサイト制作会社やデザイン会社に就職する流れが一般的。会社によって異なりますが、はじめはWebデザイナーとして働き、経験を積んだ後にステップアップしてWebディレクターになるケースが多いようです。
Webディレクターは、企画力やプレゼンテーション能力だけでなく、リーダーとして多くの制作スタッフをマネジメントする統率力が必要。また、クライアントの要望を把握し、デザイナーやプログラマーへ的確に伝えるコミュニケーション能力も大切になります。

関連記事:Webディレクターになるには

 

7. Webディレクターに向いている人

webディレクターに向いている人の特徴としては、「客観的に物事を判断できる」「イエス・ノーをはっきり言える」などが挙げられます。

webディレクターの仕事は、チームを率いてクライアントの依頼に合わせたWebサイトを制作することです。その一方でプロジェクト自体に無理がないかを冷静に考えなければなりません。クライアントの要求に応えることで、制作現場の負担が大きくなると判断した場合は、異議を唱える必要もあるでしょう。常に冷静さと客観性をもってクライアントに提案できる人は、Webディレクターに向いているといえます。企画力や提案力をあげるために、アクセス解析や分析スキルを持ち合わせていることも、Webディレクターにとって必要なものです。

また、プロジェクトを管理し、メンバーをまとめ上げる立場にあるwebディレクターにはリーダーとしての気質も求められるため、「普段の生活の中で、リーダーの立場になることが多い」という人も適性があるといえます。さらに、業務を遂行する上で社内外のさまざまな関係者と接するため、年齢や性別関係なく誰とでもスムーズにコミュニケーションが取れるという人も、その能力を活かすことができるでしょう。

 

8. Webディレクターの需要・将来性

Webディレクターの需要は高く、将来性のある職種といえます。スマートフォンやタブレットの普及により、コーポレートサイトやECサイトといったインターネット上のサービスが増加傾向にあるからです。昨今はメーカーや金融などさまざまな業界でWebサイトが活用されており、WebディレクターはWeb制作会社だけでなくあらゆる企業でニーズがあると考えられます。

Webディレクターとして活躍するには、デザインやプログラミング、SEO対策といったWeb制作に関する知識のほか、クライアントへの提案力や広い視野で業務を進める力、問題解決能力が必要。クライアントのニーズを汲み取った上で必要なサービスを提案し、スケジュールの管理・調整を行いながらプロジェクトを進める役割があるからです。IT技術は急速に進展しているため、時代の変化に柔軟に対応するとともに、新たな情報を敏感にキャッチすることも大切になるでしょう。

Webディレクターとして実務経験を積んだ後は、フリーランスとして働く、Webプロデューサー・Webプランナーにキャリアアップするという道もあります。

関連記事:Webディレクターの将来性について

 

9. Webディレクターのキャリアパス

Webディレクターのキャリアパスの例として、「Webプロデューサーになる」「フリーランスとして働く」の2つが挙げられます。

Webプロデューサーは、Webサイトの制作時にクライアントとの打ち合わせや人員配置の決定、予算・スケジュール管理などを行う職種です。Webプロデューサーとして働く際は、マネジメントスキルや問題解決能力、交渉力などが求められます。

Webディレクターとして働く中でクリエイターと積極的にコミュニケーションをとる、トラブルに臨機応変に対応するといったことを地道に取り組み、キャリアアップを図る際に成果を示せるようにしましょう。

フリーランスのWebディレクターとして活動するなら、会社員時代に人脈作りをしておくことが大切です。フリーランスは基本的に自分で営業する必要があり、安定的に案件を受注できるとは限らないからです。会社員時代の上司や・同僚のほか、仕事で関わった企業の社員などと信頼関係を築けていれば、独立した際に業務を依頼してもらえる可能性があります。人脈を広げるには、Web業界向けのセミナー・勉強会や交流会などに参加するのも一つの方法です。

 

10. フリーランスのWebディレクターとして働くには

フリーランス(個人事業主)のWebディレクターは、基本的には実務経験が求められます。そのためWebディレクターとして働いたことがない方は、正社員や派遣として経験を積んでから目指すのが無難です。

正社員、フリーランスといった働き方に関係なくWebディレクターに求められるのは、PhotoshopやIllustrator、CSS、HTMLなどのグラフィックソフトのスキルです。業務内容によっては、JavaScriptやPHPといったプログラミング言語の知識も求められるでしょう。

なお、技術だけでなく、課題分析から改善に導くマーケティングの知識・スキルのほか、全体を俯瞰してプロジェクトを進める力、コミュニケーション能力も欠かせません。「ゆくゆくはフリーランスのWebディレクターとして働きたい(業務委託を受けたい)」と考えているなら、正社員として働く中で指示の出し方を工夫する、継続的にスキルアップを図るなど努力を積み重ねることが大切。目的意識を持って実務に携わり、フリーランスとして活動を始める際に経験・実績をアピールできるようにしましょう。

Webディレクター案件を提案してもらう

 

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■Webディレクターの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではWebディレクターの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のWebディレクターを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。Webディレクターの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
Webディレクター未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターはIT・Web業界の案件提案サービスであり、フリーランスや派遣社員として活躍するデザイナーやクリエイターの方々を対象とした募集情報を掲載しています。豊富な求人・案件の中から職種やデザインツールなどのスキルに合わせて募集情報をお探しいただけます。大企業からベンチャー企業の募集情報まで幅広く扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。