Q

Webディレクターの働き方について教えてください

A

Webディレクターには、多様な働き方があり、環境も異なっています。ここでは、Webディレクターの働き方や、働く上で持っているとよいスキルなども交えて説明しています。

テクニカルカウンセラー 渡邉 将弘

詳しい解説はこちら

Webディレクターの多様な働き方

■Web制作会社での働き方

Web制作会社では、Webデザインやコーディング、ライティングなど、各々の業務を分業して行っています。Webディレクターにとっては、ディレクションに専念できる環境といえます。小規模なWeb制作会社の場合は、WebディレクターもWebデザイナーなどを兼任していることがあり、コーディングやデザインに関する知識と経験を持っていると強みになるでしょう。

■Web事業会社や企業のWeb担当者としての働き方

Web事業会社では、自社で運営や管理するポータルサイトやECサイト、ニュースなどのコンテンツ配信サイトといったWebメディアのディレクションを担当します。一般企業では、自社のコーポレートサイトやキャンペーンサイトのディレクションを担当することも多くみられます。Webサイトにより企業の利益が左右されることもあるため、責任ある役割といえます。どちらの場合でも、企業ブランドの育成に長期的な視点で関わることができるというメリットがあります。

■フリーランスとしての働き方

特定の企業や団体、組織に所属せず、クライアント先からWebページのデザインや設計などの案件を引き受け、プロジェクト全体の進行管理・品質管理を行います。プロジェクトメンバーの人選から制作スケジュールの管理、コンテンツの品質管理、クライアントなどへの業務進捗報告など、幅広く手がけるため、プログラム・デザイン・コーディングなどの各分野の知識や技術が必要となります。また、クライアントと現場、そして制作スタッフの橋渡しのような役割も持つことがあるため、コミュニケーションスキルを上げることも重要でしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報