クリエイター職種図鑑17.クリエイティブディレクター

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

クリエイティブディレクター案件を
提案してもらう

目次

1. クリエイティブディレクターの主な仕事内容
2. クリエイティブディレクターの求人・案件について
3. クリエイティブディレクターの年収
4. クリエイティブディレクターに必要なスキル
5. クリエイティブディレクターの資格
6. クリエイティブディレクターになるには
7. クリエイティブディレクターに向いている人
8. クリエイティブディレクターの需要・将来性
9. クリエイティブディレクターのキャリアパス
10. フリーランスのクリエイティブディレクターとして働くには

1. クリエイティブディレクターの主な仕事内容

クリエイター業務に限らず、企画立案から制作までの監督する職種

クリエイティブディレクターは、広告やイベント、ゲームなどの企画から制作までを監督する職種です。広告代理店や出版社、企業のPR部門などが主な職場になります。クライアントがPRしたい商品・サービス・ゲームの企画・立案の段階から立ち合い、最も効果的なPRを考え、それを形にするためにスタッフの管理などを行うのがクリエイティブディレクターの主な仕事内容となっています。広告やゲーム全体をディレクションする仕事のため、全体を俯瞰する視点を持つことがクリエイティブディレクターという職業には求められます。なお、現場によっては、アートディレクターなどがクリエイティブディレクターも兼ねることもあります。

クリエイティブディレクター案件を
提案してもらう

 

2. クリエイティブディレクターの求人・案件について

サイトのコンセプトや全体的なデザインを決める責任を持つのがクリエイティブディレクターです。この職種はクリエイティブ色が強く、美大・芸大出身で制作ディレクターを経験してクリエイティブディレクターになる方も多くいます。クリエイティブディレクターの求人・案件を探す場合、センスはもちろん重要ですが、コミュニケーション能力に加え、UI・UXの知見も習得しておいた方がいいでしょう。これまでの実績や経験を見て判断されるクリエイティブディレクターの求人・案件は高いスキルが求められるでしょう。単価も色々で、さらにキャリアや実績がある人は高単価な案件も受けられます。大規模案件の経験があればご自身にマッチするクリエイティブディレクターの求人・案件とスムーズに出会えるでしょう。

 

3. クリエイティブディレクターの年収

以下の金額は、サイト内の単価診断ツールにて「ブランクなし」での経験年数別の単価目安から算出した、フリーランスのクリエイティブディレクターの年収目安です。そのため、会社員の給料、年収とは単純比較できない点にご留意ください。 

実務経験に基づく年収の目安(週5日作業の場合) 
・クリエイティブディレクター(実務経験1年未満 )の年収:300万円(25万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験1年~2年)の年収:360万円(30万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験2年~3年)の年収:420万円(35万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験3年~5年)の年収:480万円(40万円/月) 
・クリエイティブディレクター(実務経験5年以上 )の年収:660万円(55万円/月) 
※上記の金額は目安であり、実際のお支払い額はご自身の経験/スキルなどにより変動します  

 

4. クリエイティブディレクターに必要なスキル

クリエイティブディレクターの仕事内容は制作現場を総監督することであるため、要求されるスキルは多岐に渡ります。まず、クライアントとの企画打合せの段階から、コンセプトに即した表現方法をイメージする必要があります。そのため、相手の要望を最大限に汲み取るコミュニケーション能力は不可欠です。また、広告戦略全体のディレクションを行う立場である以上、業務を進める上で広告制作の現場を十分に経験・理解している必要があります。
その他、スタッフの采配や進捗管理などのマネジメントもクリエイティブディレクターの役割の一つであり、あらゆる面で責任感が必要になります。

関連記事:クリエイティブディレクターに必要なスキル

 

5. クリエイティブディレクターの資格

クリエイティブディレクターになるための必須資格などは特にありません。ですが、いきなりクリエイティブディレクターになれることはあまりなく、プランナーやデザイナー、コピーライターとして広告制作を経験し、ステップアップを目指すのが一般的なようです。クリエイティブディレクターになるためには、まずは広告代理店などで現場の経験を積んでいくことが第一歩となるでしょう。
また、クリエイティブディレクターはクライアントの要望に対し、どういう広告戦略を立てて解決していくかが重要です。そのため、常にあらゆるジャンルの情報をキャッチアップし、知識・センスを磨き続けることが求められます。

 

6. クリエイティブディレクターになるには

クリエイティブディレクターは、新聞や雑誌の広告、イベント、テレビCMなどの企画から制作までを担当。
一般的には、広告代理店などに入社しプランナーやコピーライターとして経験を積んだ後、クリエイティブディレクターになるケースが多いようです。美術系の大学や専門学校を卒業した人だけでなく、そのほかの学部出身者も活躍しています。
クリエイティブディレクターになるために必須となる資格はありませんが、クライアントのニーズを汲み取り、時代に合った広告を企画・制作する力が必要。また、進捗管理も担当しイラストレーターやフォトグラファーなどと連携して業務を進めていくため、広告に関する幅広い知識とともにマネジメント能力が求められます。

 

7. クリエイティブディレクターに向いている人

クリエイティブディレクターは企画力が必要な職種です。アイデアを思いつくためには、知的好奇心や洞察力、感受性、独創性などが求められるため、これらの資質を持つ方は適性があると言えるでしょう。また、企画においては、アイデアを考えるだけではなく、戦略的な視点を持って、商品やサービスの売上を最大値に引き上げる必要があります。分析力や時代のニーズを感じ取る力はもちろんですが、マーケティングの視点に立ち、企画全体を俯瞰して見ることができる方もクリエイティブディレクターに向いていると言えるでしょう。

また、クリエイティブディレクターは、各分野の広告制作の総指揮を執る職種です。そのため、リーダーシップに優れ、コミュニケーション能力やマネジメント力に長けた方、周りを巻き込んで目標達成へ向けて邁進できる方には適性があります。元々コピーライターやデザイナー等の職種からステップアップすることが多い職種ですが、業務では、上記職種以外にもフォトグラファーなど幅広い職種の制作をディレクションすることになりますので、出身媒体以外の分野にも普段から目を向けておくと良いでしょう。

 

8. クリエイティブディレクターの需要・将来性

スマートフォンやタブレットの普及にともない、動画・Web広告の制作現場においてクリエイティブディレクターの需要が高まっています。各企業が商品・サービスのアピール方法に工夫を凝らしているため、ほかの企業と差別化するための表現・コンセプトを提案できるクリエイティブディレクターが重宝されるでしょう。

クリエイティブディレクターとして活躍するには、クライアントのニーズを的確に把握する力やユーザーの視点に立った広告制作のスキルのほか、デザイナーやコピーライターといったプロジェクトメンバーを統率する力が必要になります。まずはデザイナーやコピーライターとして広告制作の経験を積み、現場を十分に理解してから目指すのが無難です。

技術面においては、PhotoshopやIllustratorなどのデザインツールのスキルだけではなく、After EffectsやPremiereといった映像制作・編集ソフトの知識・スキルを身につけておくことも大切。新しい技術を柔軟に取り入れることが、活躍し続けるためのポイントになるでしょう。

 

9. クリエイティブディレクターのキャリアパス

クリエイティブディレクターは、デザイナー系職種のキャリアパスでいうと最上位にあたる職種です。そのため、さらに上位のキャリアを目指す場合、フリーランスとして独立する、もしくは新規に事業を立ち上げるという選択肢が挙げられます。

まず独立についてですが、フリーランスになることでキャリアアップに繋がるかどうかは、どの程度の単価でどれだけ案件を受注できるかによるでしょう。現在日本では、フリーランスのクリエイティブディレクターとして活躍されている方はそこまで多くありません。
他職種同様、独立する前にはクライアントを獲得しておくと安心です。
働き方としては基本的に社内常駐で、案件によっては週3日勤務や週4日勤務などの条件で募集していることもあります。

新規事業を立ち上げる場合は、クリエイティブディレクターとして様々な媒体のクリエイティブ制作を統括してきた経験を活かすことができるでしょう。デザイン事務所の運営は簡単ではありませんが、クライアントとの信頼関係を築ければ、将来的に自分の関心のある分野のデザインを手がけることができるでしょう。

 

10. フリーランスのクリエイティブディレクターとして働くには

フリーランスのクリエイティブディレクターになる際の流れとして、下記の例が挙げられます。

・コピーライターやCMプランナー、Webデザイナーなどとして経験を積む
・正社員のクリエイティブディレクターとして働く
・フリーランス(個人事業主)になる

基本的にクリエイティブディレクターの正社員求人ではコピーライターやCMプランナーとしての実務経験、フリーランスの場合はクリエイティブディレクターとして働いた経験が求められます。

コピーライターやCMプランナー、Webデザイナーの正社員求人の中には、未経験OKのものも。ただし求人によってはHTMLやCSS、Photoshop、Illustratorといったグラフィックツールのスキルが求められるので、事前に書籍やWebサイト、スクールを活用して習得しておくと求人の選択肢を増やせるでしょう。

なお、正社員の経験を経た後フリーランスになる(業務委託を受ける)際、正社員時代の実績をアピールすることになります。携わった業務のほか自分が直面した課題や解決のために努力した点、成果などを具体的に説明できるよう、目的意識を持って業務に取り組むことが大切です。

クリエイティブディレクター案件を
提案してもらう

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイティブディレクターに関連する職種

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■クリエイティブディレクターの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではクリエイティブディレクターの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のクリエイティブディレクターを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。クリエイティブディレクターの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
クリエイティブディレクター未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではWebやゲーム業界における求人・案件提案サービスであり、フリーランスや派遣社員として活躍するデザイナーやクリエイターの方々を対象とした募集情報掲載しています。掲載している募集情報は職種やデザインツールの他、単価や地域などの条件からもお探しいただけます。デザイナーやクリエイター募集に関する最新情報を扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。